農業研究開発センター

           

農業研究開発センター 12月の風景

                珠姫  

  0112インターンシップ 

祝だいこん

【イチゴ新品種‘珠姫’/本所】

 本センターで育成し、現地栽培試験・市場調査を行ってきた「奈良9号(仮称)」は、6~7月に名称公募、9月に品種登録出願を行い、12月に「珠姫(たまひめ)」として出願公表されました。今後、奈良9号は「珠姫」として販売されます。

 特徴は、果重が平均約30グラム、最大80グラムを超えるほどの大きさと、酸味が少なくさっぱりとした甘みです。

 お店で見かけられたときは、ぜひご賞味ください。

【高校生インターンシップ/本所・大和野菜研究センター】

  冬休みを利用して、県内の高校生がセンターの仕事を体験しました。

 写真は、イチゴの糖度や酸度、硬度を調査しているところです。

 農業に関する研究の面白さや難しさの一端を感じてもらいました。

 

 

【祝だいこんの商品化率向上技術の開発/大和野菜研究センター】

 祝大根は、正月のお雑煮に重宝され需要に対して供給が少ない傾向です。しかも凍霜害により褐変し、商品化率が低下することが問題となっています。

 そこで、凍霜害を軽減する栽培技術の開発に取り組んでいます。

 

奈良県農業研究開発センター 
〒633-0046 奈良県桜井市池之内130ー1
TEL:0744-47-4491  FAX:0744-47-4851
お問い合わせフォームはこちら


 農業研究開発センターホームページの利用について