農業研究開発センター

農業研究開発センター

農業研究開発センターでは、

1. 優良品種の育成(育種)

2. 加工商品の開発と加工技術の研究(加工)

3. 高品質に繋がる生産技術の開発(高品質)

4. 安定生産技術の開発(安定生産)

5. 省力化技術の開発(省力化)

6. 環境保全型農業技術の開発(環境保全)

7. 薬用作物の安定供給(漢方)

の7つの視点から、オンリーワンの研究開発を目指し、奈良ブランド力の強化を図っていきます。

農業研究開発センター 季節の風景

(令和3年9月6日更新)

新農薬登録に向けて/本所病害虫防除所

当センターに併設されている病害虫防除所では、農薬メーカーによって新しく開発された農薬について、病気や害虫に対する効果や薬害を調査し、本県での適応性を評価しています。(写真:農薬散布の様子、ナスうどんこ病の発病調査)

薬散発病調査

優良種子確保に向けた大豆生産/本所育種科

当センターでは、本県での栽培適性が高い大豆奨励品種の優良な種子を確保するため、毎年原原種種子を生産しています。(写真:大豆の繁茂している様子)

大豆の繁茂している様子