テレワークの普及・啓発について


  奈良県では、個人のライフスタイルにあわせた柔軟かつ多様な働き方ができる
職場づくりの推進に取り組んでいますが、そのなかでも「テレワーク」はワークライフ
バランスを実現する上で効果的な働き方の一つであり、その普及促進が重要である
と考えています。

 ※テレワークとは、情報通信機器(ICT)を活用した、時間と場所にとらわれない働き方のことです。


★在宅就業(テレワーク)普及促進事業★(平成26年度で終了)
 在宅就業(テレワーク)の普及・促進のため、企業に対してテレワークの導入を支援する事業です。

【テレワーク導入事例集】導入企業の事例をご紹介します。
   


  テレワーク導入のメリット
     
    ○企業にとっては・・・・・
      ■業務の効率化

 

            ☆業務状況の把握
       ☆残業の削減
       ☆会議の削減
       ☆出張費の削減
       ☆設備費の削減
     ■有能な人材の確保
       ☆自宅テレワーク(早朝・帰宅後)
       ☆遠隔地域の人材の活用(県内地域)
       ☆出て行く人材を引き止める(転勤族)
     ■ビジネスチャンスの拡大
       ☆市場の拡大
          
    ○働く人にとっては・・・・・
      ■ワークライフバランスの実現
        ☆自由時間の拡大
        ☆通勤時間が0になる
      ■仕事と育児・介護を両立できる
        ☆働く時間を調整できるので育児・介護との両立ができる。

    ○地域にとっては・・・・・
      ■地域に埋もれる労働力の活用
        ☆山間地などの在住者
        ☆農業閑散期の労働力
        ☆転勤族のパートナー
      ■就業支援
        ☆若者の就業支援
        ☆障害者、ひとり親への就業支援
        ☆閑散期の労働力
      ■地域の活性化
        ☆働く場所ができることで人口流出阻止へ。
        ☆若者の定着により地域が活性化