1. 第二種特定鳥獣管理計画に基づく個体数管理


野生鳥獣の保護管理(保護管理事業計画、特定鳥獣管理計画など)

第二種特定鳥獣管理計画

ニホンジカ第二種特定鳥獣管理計画(6次)、イノシシ第二種特定鳥獣管理計画(4次)を策定

狩猟期間を1ヶ月間延長 
 →11月15日から翌年2月15日までのところを3月15日まで延長(平成29年4月1日~平成34年3月31日)

2. 有害鳥獣の捕獲・駆除


・捕獲檻の購入に対する助成
・捕獲効率を高めるため、集中捕獲を実施
・ICTを利用した捕獲器の導入
・有害捕獲に対する報奨金助成及び経費補助


捕獲されたイノシシ

ICT捕獲器
ICTを利用した捕獲器


これまでの実績
 主要獣種の捕獲数(頭)
平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
ニホンジカ 6,927 8,105 8,539 8,452 9,028
イノシシ 4,210 7,221 6,613 7,607 9,325
 ※狩猟捕獲と有害捕獲の合計

 

3. 捕獲獣の適正処理と地域資源としての有効活用

これまでの実績(平成26年~平成30年度)
 ・捕獲獣の処理並びに食肉利活用状況の情報収集
 ・野生鳥獣に係る衛生管理ガイドライン(シカ・イノシシ)の作成
 ・ジビエール五條(食肉処理加工施設)建設の支援
 ・県内女子大生と連携した狩猟者確保育成事業の実施