ガラスびんのリサイクル
 ガラスのびんはリターナブルびんとワンウェイびんの2種類に分けられます。リターナブルびんは、ビールびん、一升びん(1.8リトットルびん)、牛乳びんなどの、洗って何度も繰り返し使われるびんです。ワンウェイびんは一回だけしか使われない、使い捨てのびんです。日本では、昔からリターナブルびんのシステムが定着していますが、人々の生活の変化に伴い最近はリターナブルびんが減り、ワンウェイびんが増える傾向にあります。
 使い終わったら回収され、洗ってくりかえし使うリターナブルびんは、20回から30回もガラスびんとして活躍します。現在ビールびんは99%、一升びんは88%が回収され再使用されています。また、ワンウェイびんは資源ごみなどで回収されると、カレット業者が無色、茶、緑などの色別に分類し、洗って異物を除いてから細かく砕きます。この砕かれたガラスをカレットと呼びます。カレットを原料として再びガラスびんを製造し、中身を詰めて新たな製品に生まれ変わります。このようにワンウェイびんはカレットとなりガラスの原料として再利用されます。その他にカレットは、道路舗装用骨材、建築用断熱材(グラスウール)や歩道用のタイルなどの用途にも使われています。
ガラスビンのリサイクルの流れと用途