生活保護とは

 生活保護は、日本国憲法第25条に規定する理念に基づき、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とするものです。

 病気や高齢又は子どもが小さくて働きに行くことができないなどの理由により、生活に困っておられる方に対し、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長する制度です。

生活保護をうけるには

 生活保護は、もてる能力に応じて最善の努力をするよう定められている制度ですので、次のことについて留意してください。

◎働くことができる人は、能力に応じて働くよう努めてください。
◎扶養義務者からの援助は、できるかぎり受けるよう努めてください。
◎預貯金や生命保険などについては、生活の維持のためにつかうよう定められています。
◎土地や自動車などの資産については、処分などして活用していただくことがあります。
◎年金・手当・保険金など他の法律で受けられるものは、生活の維持のためにつかうよう定められていますので、すべて受けるよう手続きをしてください。

生活保護費は


◎生活保護は原則として、世帯ごとに適用されます。
◎生活保護費は、国が決めている基準によるその世帯の最低生活費と、その世帯のすべての収入を比較し、その不足分だけを保護費として支給されます。
◎最低生活費は、年齢別・世帯構成別などにより計算されます。

生活保護の相談窓口は


次のページの福祉事務所にお問い合わせください。 問い合わせ一覧

お問い合わせ

地域福祉課
〒 630-8501奈良市登大路町30
地域福祉推進係TEL : 0742-27-8503
総務・援護係TEL : 0742-27-8509
保護係TEL : 0742-27-8548