薬局機能情報の定期報告について

薬局開設者 様

平成28年12月22日薬第472号「薬局機能情報の定期報告について」でご案内しました報告について、平成28年12月31日(基準日)現在の情報を、平成28年12月31日(土曜日)から平成29年1月31日(火曜日)までに、なら医療情報ネットにてご報告いただきますよう、よろしくお願いします。

なら医療情報ネット
操作マニュアル

奈良県薬局機能情報提供制度実施要領
*機関コードとパスワードを紛失された場合は、「パスワード設定票再発行依頼書」を奈良県薬務課までFAX(0742-27-3029)してください。折り返しFAXで再発行いたします。
パスワード設定票再発行依頼書

*薬局の名称、薬局開設者の氏名、薬局の管理者(管理薬剤師)、健康サポート薬局としての届出の有無、営業日及び営業時間を変更した場合は、薬局機能情報の報告とは別に、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第10条に基づく変更の届出をしてください。
変更届

薬局機能に関する情報の公表について

薬局機能に関する情報の公表について

 

良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律(平成18年法律第84号)により、薬事法(昭和35年法律第145号)が一部改正され、薬局の機能に関する情報を公表することが規定されました。

平成20年11月1日から、奈良県広域災害・救急医療情報システムで薬局の機能に関する情報の公表を開始しました。

薬局機能情報提供制度実施要領について(抜粋)
 詳細については、下の参考通知をご覧ください

 1  目的

本要領は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和35年法律第145号。以下「法」という。)第8条の2の規定に基づき、医療を受ける者が薬局の選択を適切に行うために必要な情報(以下「薬局機能情報」という。)について、薬局開設者が都道府県知事に報告する事項及び方法、都道府県による当該情報の公表方法等に関する具体的な実施方法等を示すことにより、都道府県が実施する薬局機能情報提供制度の統一的かつ効率的な運営を図り、住民・患者等による薬局の適切な選択を支援することを目的とする。

2  情報の取扱い

本制度は、薬局開設者が薬局機能情報を当該薬局の所在地の都道府県知事(以下単に「都道府県知事」という。)に対して報告し、都道府県知事は、原則、報告を受けた薬局機能情報をそのまま公表するものとする。
薬局開設者は、薬局機能情報について、正確かつ適切な情報を提供するとともに、当該薬局において薬剤師等は、住民・患者等からの相談等に適切に応じるよう努めることとする。
また、薬局開設者は、既に都道府県知事に対して報告を行った薬局機能情報について誤りがあることに気がついた場合、都道府県知事に対し速やかにその訂正を申し出ることとし、当該都道府県知事は速やかに所要の是正措置を行うよう努めるものとする。

関連リンク集

大阪府の薬局機能情報提供システム
京都府の薬局機能情報提供システム
和歌山県の薬局機能情報提供システム
三重県の薬局機能情報提供システム
滋賀県の薬局機能情報提供システム
兵庫県の薬局機能情報提供システム
福井県の薬局機能情報提供システム

参考通知

薬局機能情報提供制度実施要領(厚生労働省-PDF:119KB)

薬局機能に関する情報の報告及び公表にあたっての留意点について(厚生労働省-PDF:182KB)


薬務課HPへ