本ページは、薬物についての情報提供を行うと共に、本県における薬物乱用のための活動や取組みについて、ご案内します。

乱用される薬物について


危険ドラッグ、覚せい剤及び大麻等の乱用される薬物については、

      こちら  をご参照ください。

薬物乱用防止指導員について

 

 薬物乱用防止指導員のことにつきましては

      こちら   をご参照下さい。

  

不正大麻・けし撲滅運動について

毎年5月1日~6月30日を「不正大麻・けし撲滅運動期間」とし、この運動を通じ不正栽培・自生の大麻・けしを全面的に撲滅するため、県民に対し大麻、けしについての正しい知識を浸透させることを目的とします。
 また、この期間に本県警察本部協力の下合同でパトロールを実施し、その取締等も行っています。

  ◇不正に栽培されるけし・大麻について

 期間:毎年5月1日~6月30日 実施予定

「ダメ。ゼッタイ。」普及運動について


 全世界的な広がりを見せている最も深刻な社会問題の一つである薬物乱用問題を撲滅するため、「ダメ。ゼッタイ。」普及運動は、新国連薬物乱用根絶宣言(2009~2019年)の支援事業の一環として官民一体となり、国民一人一人の薬物乱用問題に対する認識を高め、併せて、国連決議による「6・26国際麻薬乱用撲滅デー」の周知を図り、内外における薬物乱用防止に資することを目的としております。
 また、この期間に県下で啓発活動を行い、薬物乱用の怖さを県民へ呼び掛けます。

 ※同時に国連支援募金活動も行いますので、こちらの方にもご協力をお願いします。

 期間:毎年6月20日~7月19日 実施予定

麻薬・覚せい剤乱用防止運動について

 

 薬物乱用防止のため、関係団体との協力の下「薬物乱用防止街頭キャンペーン」と題した式典を開催し、薬物乱用防止に功績のあった方々への表彰等を行います。また同時に啓発活動を行い、薬物乱用の怖さを県民へ呼び掛けます。

 期間:毎年10月1日~11月30日 実施予定

薬物相談機関

 

 薬物相談機関につきましては  

   こちら  を参照ください。

薬物乱用防止教室の講師派遣について(小学校・中学校・高等学校向け)


 ○薬物乱用防止啓発訪問事業について
 厚生労働省において、薬物乱用防止啓発訪問事業を実施しております。学校からの派遣要請に応じて、講師が訪問し、啓発資材を用いて、薬物乱用防止に関する講習会を実施しています。積極的に薬物乱用防止教室等にご活用いただきますようお願いします。
 
 ・STOP the 薬物!~断る勇気が未来をつくる~
  http://www.d-info.net/

   ○薬物乱用防止教室資料について
 薬物乱用防止教室時に使用する資料を作成しましたので、学校や地域での講習会、団体等の会合でご活用下さい。生徒の理解度や重点項目により、適宜内容を編集してご利用下さい。(平成29年5月作成)

  ・小学生用 (4552KB)
 
  ・中学生、高校生用 (4988KB)


 ○県薬務課で、麻薬取締員が大学や団体等に対して、薬物乱用防止に関する講習会を開催いたします。
 申込みにつきましては、直接県薬務課へご連絡いただくか、県広報広聴課の事業である「なら県政出前トーク」申込みからお願いいたします。
 
  → 広報広聴課ホームページ(なら県政出前トーク)
 
 ※なお、小・中・高等学校においては、くすりの専門である学校薬剤師が配置されておりますので、学校薬剤師に相談し、積極的に薬物乱用防止教室を開催してください。(ご要望がございましたら、県薬務課からもご対応いたします。)

  <担当>
   ○奈良県薬務課 薬物監視係  0742-27-8664 

危険ドラッグについて


「合法ハーブ」等と称する商品を使用したことによる健康被害等が多発しています。
「危険ドラッグ」は「合法」、「脱法」などと称していても、麻薬や覚せい剤と同じかそれ以上の健康被害が起こる可能性あります。なお、誤解を招くため呼称が平成26年7月22日より「脱法」「合法」「ハーブ」を使用しない「危険ドラッグ」に統一変更されました。 
    ◆大変危険ですので、絶対に手をださないでください◆


 ※ 詳細については、こちら をご確認ください。