県民のみなさまへ

1鶏卵・鶏肉の安全性について
1鳥インフルエンザの人への感染について
1飼っている鳥が死んでいるのを見つけた場合
1野鳥が死んでいるのを見つけた場合

 
鶏肉・鶏卵の安全性について

発生農家で鶏の処分をしたり、鶏肉や鶏卵の移動を制限しているのは、鶏などの家きん 
   同士の感染を防ぐための防疫措置です。

   鳥インフルエンザウイルスに汚染された鶏肉や卵が市場に出回ることはありません。

   また、家きん卵、家きん肉を食べることにより、高病原性鳥インフルエンザウイルスが人
    に感染することは世界的にも報告されていません。  食品安全委員会1

  ○鶏卵は国内では生で食べることを考えて生産されていますが、生食することが不安な方は、加熱(WHOの     
  食中毒防止のための加熱条件:中心部70℃、瞬間)することをおすすめします。

  ○鶏肉は十分加熱して食べて下さい。未加熱又は加熱不十分なままで食べることは、食中毒予防の観点か  
  らおすすめできません。

                               

鳥インフルエンザの人への感染について 

  鳥インフルエンザは通常はヒトに感染することはありませんが、感染した鳥と接触し、羽
  や粉末状になったフンを吸い込んだり、その鶏のフンや内臓に触れた手を介して鼻から 
  ウイルスが入るなど、人の体内に大量のウイルスが入ってしまった場合にごくまれにか
  かることがあることが知られています。
  
  1鳥インフルエンザに関する情報(関連通知、Q&Aなど) (厚生労働省ホームページ)
   1鳥インフルエンザ(国立感染症研究所ホームページ) 

  

飼っている鳥が死んでいるのをみつけた場合

野鳥が死んでいるのを見つけた場合