寄付金の確定申告


☆ 寄付による税の軽減(寄附金控除)を受けるためには、必ず確定申告をしてください。

  お住まいを管轄する税務署に所得税の確定申告を行うことにより、所得税の寄附金控除(還付)と翌年度の個人住民税の寄附金税額控除(軽減)を受けることができます。その際には、県から郵送しました「寄付金領収済証明書」の他、必要な書類を添付する必要があります。

   具体的な軽減額は、寄付金額や寄付をされた方の所得と家族構成などによって異なります。
 
   確定申告の時期は、寄付をされた年の翌年の2月中旬~3月中旬(平成26年は、2月17日~3月17日)ですが、所得税の還付申告は、翌年の1月から行うことができます。

  確定申告書は、最寄りの税務署又は市町村でお取り寄せいただいて記入するか、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」を利用して作成することができます(申告書類は、郵送かインターネットにより提出することができます。)。
  (「ふるさと納税をされた方のための確定申告書作成の手引き」はこちら)
  
   なお、確定申告をされますと、税務署からお住まいの市町村に連絡されますので、あらためて市町村に住民税の申告をしていただく必要はありません。


<参考>

  ○ 確定申告書Aの記載例はこちら → 記載例EXCELファイル記載例PDFファイル
     ※ 記載例は、平成23年所得

  ○ 国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」の利用方法 → 確定申告書入力ガイド

     ※ 国税庁ホームページのサイトから、自宅で簡単に申告書の作成ができますので、是非ご利用ください。
       e-Tax(電子申告)を利用すると、いろいろメリットがあります。 

e-Tax