林業イメージ


中部農林振興事務所管内の森林・林業の概要

 林業地としては、桜井市の多武峰地区に代表される優良ヒノキ生産地域がありますが、長引く木材価格の低迷、担い手の不足などによる経営意欲の低下等から、森林整備や施業が停滞ぎみで、人工林の多くが間伐を必要としている状態となっています。 
 木材産業は、かつて県南部の吉野林業地を背景とし、木材市、製材業が盛んに行われていました。近年は生産量は低下していますが、人工乾燥設備やグレーディングマシンの整備、奈良県地域認証材生産など、新たな時代への積極的な取り組みが進められています。
 大和平野を囲むように位置する、この地域の山地や丘陵の森林は、古くから大和青垣として人々に親しまれ、万葉集にも歌われた大和三山とともに、歴史豊かな地域の景観を創り出しています。これらの都市近郊林は景観及び風致保全はもとより、保健休養、生活環境保全、水源かん養、防災など多様な役割を担っています。
 
 木木木木木木木木木木  森林・林業関係の情報  木木木木木木木木木木

森林環境教育

里山

間伐

森林環境税の取り組み

治山・林道事業の紹介

林業振興の取り組み