PCB廃棄物の判定方法・処分方法

【低濃度PCB廃棄
物】【低濃度PCB廃棄物】の判定方法については、

 環境省のWebサイト 
  ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基本計画について 
  ポリ塩化ビフェニル廃棄物に関する各種ガイドライン等 を参照ください。

【低濃度PCB廃棄物】の処分方法
 ・低濃度PCB廃棄物は、全国32箇所(平成29年2月現在)の無害化認定施設等で随時処分することができます。
 ・無害化認定施設等で処分できる廃棄物の種類等の詳細内容、委託手続方法、処分費用等は処理施設に直接お問い合
 わせください。

 ☆無害化認定施設等の一覧表  環境省のWebサイトはこちら(外部リンク)

【PCB廃棄物】とは、
 ・高濃度のPCBを使用した電気機器などで、低濃度PCB廃棄物以外のものが該当します。

【PCB廃棄物】の判定方法
 ・電気機器等のPCBの使用については、機器の銘板に記載の型式、製造番号や製造年月を確認して、製造メーカー
 にお問い合わせください。

 ※PCBを使用した機器は、基本的に銘板等の記載内容で判定できます。
 ☆機器補判定方法 日本電機工業会のWebサイトは、こちら(外部リンク)

 ・業務用・施設用蛍光灯安定器の分別は、機器の銘板に載っている型式、製造番号や製造年月を確認して、製造メー
 カーにお問い合わせください。

 ☆機器の分別方法 日本照明工業会のWebサイトは、こちら(外部リンク)
【PCB
廃棄物】の処分方法
 ・日本環境安全事業株式会社で処分することができます。
 ・登録方法、処分手続等は、日本環境安全事業株式会社にお問い合わせください。
 ☆中間貯蔵・環境安全事業株式会社のWebサイトは、こちら(外部リンク)