小児慢性特定疾病医療費助成制度について

小児慢性特定疾病医療費助成制度について

1.小児慢性特定疾病とは?

以下の基準を満たす16疾患群762疾病を厚生労働省が小児慢性特定疾病の対象疾病として指定しています。

  1. 慢性に経過する疾患であること
  2. 生命を長期にわたって脅かす疾患であること
  3. 症状や治療が長期にわたって生活の質を低下させる疾患であること
  4. 長期にわたって高額な医療費の負担が続く疾患であること

小児慢性特定疾病医療費助成制度を利用される場合、医療費支給認定申請が必要になります。

また、それぞれの疾病ごとに認定基準が設けられており、認定基準を満たす場合に小児慢性特定疾病医療費助成制度の対象となります。

対象疾患となる疾患や認定基準等の詳細についてはこちらをご覧ください。(外部サイト:小児慢性特定疾病情報センターHP


お知らせ

新規申請はこちらから
変更申請はこちらから
更新申請はこちらから

2.小児慢性特定疾病医療費助成制度とは?

1.制度概要

小児慢性特定疾病支給認定申請により、医療費支給認定を受けた受給者の方が、医療費支給認定を受けた疾病の治療等で受給者証に記載された「小児慢性特定疾病指定医療機関」で受診される際の医療費の助成を行う制度です。

本制度の利用には、医療機関の窓口で認定後に発行する「小児慢性特定疾病医療費受給者証」及び「小児慢性特定疾病医療費自己負担上限額管理票」の提示が必要です。

認定された場合、医療機関等を受診される際の自己負担が2割負担となります。また、1ヶ月の支払上限額が所得等に応じて認定された「小児慢性特定疾病医療時自己負担上限額」の金額になります。

医療費支給認定を受けた疾病以外の治療等や、 受給者証に記載のない医療機関を受診された場合の医療費については、本制度での助成の対象外となりますのでご注意ください。

小児慢性特定疾病指定医について

小児慢性特定疾病の医療費助成の支給認定申請に必要な診断書(医療意見書)を作成することができるのは、都道府県及び政令指定都市、中核市の長が指定する小児慢性特定疾病指定医に限られます。

新規で医療費支給認定申請を行う場合又は、認定されている疾患の変更・追加を行う場合は、小児慢性特定疾病指定医が記載した医療意見書を添付いただく必要があります。


奈良県(奈良市以外)の指定医の指定状況についてはこちらをご覧ください。

※奈良市及び県外都道府県、政令市、中核市の指定状況については主治医が所属する病院の所在する都道府県等のホームページをご覧ください。

小児慢性特定疾病指定医療機関について

小児慢性特定疾病医療費助成制度では、都道府県、政令指定都市、中核市の長に指定された「小児慢性特定疾病指定医療機関」のうち、受診指定医療機関として小児慢性特定疾病医療受給者証に記載がある医療機関が行う医療に限り、医療費助成の対象となります。

小児慢性特定疾病医療受給者証に記載がない医療機関の受診を希望される場合は、受診前に予め受診指定医療機関の追加する申請を行っていただく必要があります。(※受診指定医療機関として追加できるのは、「小児慢性特定疾病指定医療機関」として指定を受けている医療機関に限る。)


奈良県(奈良市以外)の指定医の指定状況については こちらをご覧ください。

※奈良市及び県外都道府県、政令市、中核市の指定状況については主治医が所属する病院の所在する都道府県等のホームページをご覧ください。

小児慢性特定疾病医療費自己負担上限額の算定について

小児慢性特定疾病医療費自己負担上限額は、医療保険における世帯の市町村民税課税額(所得割)等に応じて決定します。

  1. 被用者保険の場合は、被用者保険の被保険者の市町村民税所得割の課税額で判定します。
  2. 国民健康保険・国民健康保険組合の場合は、世帯員(義務教育を終了していないものを除く)の市町村民税所得割の合算で判定します。
  3. 市町村民税の所得割の課税がなく、均等割のみ課税されている場合は、「一般1」になります。
  4. 「市町村民税非課税世帯」とは、均等割、所得割ともに非課税の世帯が該当します。この場合、申請者(保護者)の所得により階層区分を判定します。
  5. 生活保護受給者については、自己負担額が0円になります。
 階層区分

 自己負担上限額 (患者負担割合:2割 入院+通院)

 原則

 生活保護受給世帯

血友病等患者

 一般

重症

高額かつ長期

人工呼吸

器装着者

 生活保護受給世帯 -  0

市町村民税

非課税世帯

 低所得1

(保護者所得80万円以下)

 1,250  500  -
 

 低所得2

(保護者所得80万円超)

 2,500

 一般所得1

(市町村民税課税以上7.1万円未満)

 5,000  2,500
  一般所得2

(市町村民税7.1万円以上25.1万円未満)

 10,000  5,000

 上位所得

(市町村民税25.1万円以上)

 15,000  10,000
 入院時の食事代  2分の1自己負担  自己負担なし

小児慢性特定疾病医療費自己負担上限額に関する特例措置
世帯按分

同一世帯に小児慢性特定疾病医療費又は指定難病医療費の助成を受けている方がいる場合は、自己負担上限額が世帯単位で按分されます。同一世帯で助成を受けている方のうち、一番金額が高い方の医療費が世帯全体の自己負担上限額となります。

個人ごとの自己負担上限額に関しては、世帯全体の自己負担上限額を個人ごとの自己負担上限額の比率で按分した額が設定されます。

(例)指定難病の受給者Aさん(自己負担上限額3万円)と、その子どもで同一世帯の小児慢性特定疾病の受給者Bさん(自己負担上限額1万円)の按分を行う場合。

 Aさん:30,000×(30,000÷(30,000+10,000)=22,500円

 Bさん:10,000×(10,000÷(30,000+10,000)=7,500円

※小児慢性特定疾病医療費助成及び指定難病医療費助成以外の医療費助成制度間での按分はできませんのでご注意ください。

人工呼吸器装着者認定

小児慢性特定疾病医療費助成の対象疾病の認定基準を満たしており、人工呼吸器又は体外式補助人工心臓、埋め込み式補助人工心臓を装着されている方で、次の基準をすべて満たす方については、人工呼吸器装着者認定の申請を行うことで自己負担上限額が軽減されます。

  1. 小児慢性特定疾病医療費助成で認定を受けている疾病を理由に装着していること。
  2. 常時装着していること。
  3. 現に装着し、1年以内に離脱の見込みがないこと。

認定を行う場合は、「人工呼吸器装着者証明書」を指定医に記載いただく必要があります。

申請方法については、 こちらをご覧ください。

重症患者認定

小児慢性特定疾病医療費助成の対象疾病の認定基準を満たしており、さらに小児慢性特定疾病重症患者認定申告書に記載している重症患者認定基準を満たしている者については、重症患者認定の申請を行うことで自己負担上限額が軽減されます。

認定を行う場合は、「小児慢性特定疾病重症患者認定意見書」を指定医に記載いただく必要があります。

申請方法については、こちらをご覧ください。

高額治療継続者(高額かつ長期)の認定

小児慢性特定疾病医療の受給者で、月ごとの当該小児慢性特定疾病にかかる医療費総額5万円を超えるが小児慢性特定疾病高額治療継続者の申告を行う日が属する月以前の12か月以内に6か月以上ある場合(小児慢性特定疾病医療受給者として認定された日以降が対象)、申告して認定を受けると月額の自己負担上限額が軽減されます。

申請方法については、こちらをご覧ください。

寡婦控除のみなし適用

小児慢性特定疾病医療費の受給を受けている又は新規申請される方で、母親又は父親が今までに法律上の婚姻をしていない方は、申請により寡婦控除のみなし適用を行うことができます。

適用の可否については、お住まいの地域を管轄する保健所へお問い合わせください。

また、申請に必要な書類等については、こちらをご覧ください。

※適用には、申請が必要となります。

※適用となった場合でも、自己負担上限額が変わらない場合があります。

注意事項
福祉医療制度との併用について

市町村が実施する福祉医療制度(こども医療費等)と併用が可能です。

就学前の方については、福祉医療制度の現物給付方式が導入されています。受診される際は、「小児慢性特定疾病医療受給者証」と「小児慢性特定疾病医療費上限額管理票」と併せて「福祉医療制度の受給者証」を窓口で提示してください。

受給者証の発行までの医療費について

小児慢性特定疾病医療費助成の認定期間内で、新規申請や変更申請等により受給者証を発行するまでの期間に支払われた医療費については、申請をいただくことで差額を返金することができます。

詳細については、下記の「償還払い手続きについて」をご覧ください。

2.対象となる者

奈良県内(奈良市を除く)に居住されている小児慢性特定疾病医療費助成の対象疾病に罹患されている18歳未満の方。(継続で申請される場合は20歳の誕生日の前日まで)


対象となる疾患となる疾患については、こちらをご覧ください。(外部サイト:小児慢性特定疾病情報センター

3.申請手続きについて

医療意見書の審査について

新規で申請を行う場合又は、認定されている疾患の追加・変更を行う場合は、「小児慢性特定疾病指定医」が記載を行った「小児慢性特定疾病医療意見書」の添付が必要となります。

添付いただいた「小児慢性特定疾病医療意見書」を基に、「児童福祉法第六条の二第一項の規定に基づき厚生労働大臣が定める小児慢性特定疾病及び同条第二項の規定に基づき当該小児慢性特定疾病ごとに厚生労働大臣が定める疾病の状態の程度」(厚生労働省告示第475号)に基づき、支給認定の審査を行います。

  • 審査の結果、認定された場合は、受給者証等を送付します。
  • 審査の結果、医療機関への確認等が必要な場合は、「保留」として保留の通知を医療機関及び申請者に送付します。  ※「保留」の場合、申請者の対応は不要です。
  • 審査の結果、「不認定」となった場合は、「不認定」の通知を医療機関及び申請者に送付します。  ※一度「不認定」となった場合でも、その後に基準を満たす症状があった場合は、再度申請が可能です。
支給認定後の医療費支給認定証等の送付について

小児慢性特定疾病支給認定申請が認定されましたら、以下の書類を発行し、指定された住所へ送付します。

  1. 慢性特定疾病医療費受給者証
  2. 小児慢性特定疾病自己負担上限額管理票
  3. 小児慢性特定疾病児童手帳

「1.慢性特定疾病医療費受給者証」及び「2.小児慢性特定疾病自己負担上限額管理票」は、医療機関を受診される際に、医療保険証と併せ医療機関窓口で提示して下さい。

4.申請の受付場所


住居地を管轄する保健所

 お住まいの地域  管轄する保健所

大和郡山市、天理市

生駒市、山辺郡、生駒郡

郡山保健所 医療費助成等申請受付

〒639-1041 奈良県大和郡山市満願寺町60ー1(郡山総合庁舎内)

電話番号:0743-51-0195

橿原市、桜井市、宇陀市

磯城郡、宇陀郡、高市郡

大和高田市、御所市、香芝市

葛城市、北葛城郡

中和保健所 医療費助成等申請受付センター

〒634-8507 奈良県橿原市常盤町605-5(橿原総合庁舎内)

電話番号:0744-48-3036

高田出張所

〒635-0085  奈良県大和高田市片塩町12-5

      (大和高田市市民交流センター3階)

電話番号:0745-51-8133

 五條市、吉野郡

吉野保健所 健康増進課 母子・健康推進係

〒638-0045 奈良県吉野郡下市町新住15-3

電話番号:0747-64-8134


5.受付時間

午前8時30分~午後5時15分(土日祝日・年末年始を除く)


6.認定期間について

申請書の受理日から翌年の3月31日まで

※毎年、継続の申請手続きが必要です。

※19歳の方に関しては、20歳の誕生日の前日までの認定になります。

※当年度の11月1日以降に新規で申請書の受理を行ったものについては、特例措置として、翌々年度の3月31日までの認定となります。

医療費助成の支給認定申請手続きについて(新規申請)

1.申請の方法等

小児慢性特定疾病医療費助成制度申請の手引き

 ※申請書と同時に医療意見書等の添付書類の提出が難しい場合は、申請書の提出のみを持って受付をします。

  なお、この場合、添付書類は後日速やかに提出してください。

 ※審査の結果、支給認定された場合には、最大で申請書受理日まで遡って医療受給者証を交付します。


2.個人番号(マイナンバー)の記入等について

「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」が平成28年1月に施行されたことに伴い、新規申請の際に、申請書への申請者(保護者)及び受診者の個人番号(マイナンバー)の記入が必要となります。また、個人番号(マイナンバー)が記載された書類の収受時には、申請者の本人確認(番号確認及び身元確認)が必要となります。 詳細については、以下の案内をご覧ください。


個人番号(マイナンバー)の記載について


3.新規申請に必要な書類について

以下より必要な書類をダウンロードできます。

   必要となる方 書類 様式 
1  全員が必要

 小児慢性特定疾病医療費助成支給認定申請書

 ※申請の前に、必ず「医療意見書の研究利用に関するご説明」をお読みください。

Excel

PDF

記入例

2  全員が必要

 小児慢性特定疾病 医療意見書

 ※指定医に記載いただく必要があります。

 ※成長ホルモン治療を行われる場合は、医療意見書に加え、

  成長ホルモン治療用意見書が必要になります。

外部リンク

(小児慢性特定疾病情報センター)

3  全員が必要  医療保険者への照会の同意書

Word

PDF

4  全員が必要  医療保険証の写し貼り付け用紙

Excel

PDF

5  全員が必要  同一世帯員全員が記載された住民票
6  全員が必要

 市町村民税(非)課税証明書

 ※被用者保険の方は、被保険者のものが必要。

 ※国民健康保険・国民健康保険組合の方は、同一保険に加入する方

  全員分(義務教育を終了していないものを除く)が必要。

7  該当者のみ

 小児慢性特定疾病 訪問看護利用届

 ※6の訪問看護指示書の写しの添付が必要です。

Excel

PDF

8  該当者のみ

 訪問看護指示書の写し

 ※医師が記載したもの。

9  該当者のみ

 重症患者認定申告書

 ※6の書類と合わせて提出が必要です。

Excel

PDF

10  該当者のみ

 小児慢性特定疾病重症患者認定意見書

 ※指定医に記載いただく必要があります。

Excel

PDF

11  該当者のみ

 人工呼吸器等装着者証明書

 ※指定医に記載いただく必要があります。

Excel

PDF

12  該当者のみ

 ※寡婦控除のみなし適用を希望される場合

 ・寡婦控除のみなし適用についての誓約書

 ・戸籍全部事項証明書

 ※要件等については、 こちらをご覧ください。

Word

PDF

4.個人番号(マイナンバー)の確認書類について

新規申請書類の収受を行う際に、以下の書類等により申請者(委任を受けている場合は、申請者及び受任者)の本人確認手続きが必要となりますので、ご用意ください。

※以下の1~3のケースに応じて必要書類をご用意ください。

   ケース  必要書類
1

 申請者本人が窓口

 に持参される場合

 ※申請者が父親、

 持参された方が母

 親の場合でも、

 「3.代理人が窓口

 に持参される場

 合」にあたり、

 父親から母親への

 委任状が必要とな

 ります。

 1

 申請者の個人番号(マイナンバー)

 の確認に必要な書類

 次のうちいずれか1つ(確認のみ)

 ・個人番号カード ・個人番号通知カード

 ・個人番号の記載のある住民票

 ・個人番号の記載のある住民票記載事項証明書

 2

 申請者の身元確認に必要な書類

 ( AもしくはBの書類

A

 次のうち、いずれか1つ(確認のみ)

 ・個人番号カード ・運転免許証 

 ・身体障害者手 ・精神障害者保健福祉手帳

 ・療育手帳 ・在留カード

 ・特別永住者証明書 等

B

 次のうち、いずれか 2つ(確認のみ)

 ・公的医療保険の被保険者証 ・年金手帳

 ・児童扶養手当証書 ・特別児童扶養手当証書

 ・源泉徴収証 ・納税証明書 ・住民票

 ・市町村民税(非)課税証明書

 ・官公署が発行した証明書類(氏名、生年月日

  又は氏名、住所がわかるもの)

2

 郵送で申請される

 場合

1

 申請者の個人番号(マイナンバー)

 の確認に必要な書類の 写し

 次のうちいずれか1つ(確認のみ)

 ・個人番号カード ・個人番号通知カード

 ・個人番号の記載のある住民票

 ・個人番号の記載のある住民票記載事項証明書

2

 申請者の身元確認に必要な書類

 の 写し

 ( AもしくはBの書類

A  次のうち、いずれか1つ(確認のみ)

 ・個人番号カード ・運転免許証 

 ・身体障害者手 ・精神障害者保健福祉手帳

 ・療育手帳 ・在留カード

 ・特別永住者証明書 等

B  次のうち、いずれか 2つ(確認のみ)

 ・公的医療保険の被保険者証 ・年金手帳

 ・児童扶養手当証書 ・特別児童扶養手当証書

 ・源泉徴収証 ・納税証明書 ・住民票

 ・市町村民税(非)課税証明書

 ・官公署が発行した証明書類(氏名、生年月日

  又は氏名、住所がわかるもの)

3

 代理人が窓口に

 持参される場合

1

申請者の個人番号(マイナンバー)

 の確認に必要な書類

 次のうちいずれか1つ(確認のみ)

 ・個人番号カード ・個人番号通知カード

 ・個人番号の記載のある住民票

 ・個人番号の記載のある住民票記載事項証明書

2

  受任者(委任を受けた方)

 身元確認に必要な書類

 ( AもしくはBの書類

A   次のうち、いずれか1つ(確認のみ)

 ・個人番号カード ・運転免許証 

 ・身体障害者手 ・精神障害者保健福祉手帳

 ・療育手帳 ・在留カード

 ・特別永住者証明書 等

B  次のうち、いずれか 2つ(確認のみ)

 ・公的医療保険の被保険者証 ・年金手帳

 ・児童扶養手当証書 ・特別児童扶養手当証書

 ・源泉徴収証 ・納税証明書 ・住民票

 ・市町村民税(非)課税証明書

 ・官公署が発行した証明書類(氏名、生年月日

  又は氏名、住所がわかるもの)

3

 委任状もしくは委任を受けている

 ことが分かる書類

 次のうち、いずれか1つ

 ・委任状( WordPDF

 ・登記事項証明書(法定代理人の場合)

認定内容の変更手続きについて(変更申請・記載事項変更届)

1.変更手続きが必要な方について

既に支給認定を受けている小児慢性特定疾病医療受給者証の内容について、変更が生じた場合は、変更手続きが必要となります。

変更内容により必要書類が異なりますので、以下のケースに応じて必要書類を用意してください。


※自己負担上限額の変更がある場合は、申請書受理月の翌月1日から(申請書受理日が1日の場合は、その月の1日から)の変更となります。

2.変更申請に必要な書類について

   ケース  必要書類 備考

1

受給者及び保護者の氏名・住所等に変更があった場合

  1. 小児慢性特定疾病受給者証等記載事項変更届(C)
  2. 変更が証明できる書類(住民票、戸籍謄本等)
  3. 現在お持ちの受給者証(原本)
 
2

受給者の加入する医療保険に変更があった場合

  1. 小児慢性特定疾病受給者証等記載事項変更届(C)    ※自己負担上限額に変更が生じる場合は、「小児慢性特定疾病支給認定申請書(変更)(A)」で変更申請をいただく必要があります。)
  2. 変更が証明できる書類(変更後の保険証のコピー等)  ※(F)の用紙に貼り付けてください。
  3. 市町村民税(非)課税証明書
  4. 同意書(E)
  5. 現在お持ちの受給者証(原本)
 
3

受診する医療機関(病院・薬局)を追加(変更)する場合

  1. 小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書(医療機関追加のみ)(B)
  2. 現在お持ちの受給者証(原本)
 ※医療機関の追加(変更)以外にも変更がある場合は、小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書(変更)で申請いただく必要があります。
4  受診する医療機関(訪問看護ステーション)を追加(変更)する場合
  1.  小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書(医療機関追加のみ)(B)
  2. 小児慢性特定疾病 訪問看護利用届(G)
  3. 訪問看護指示書の写し(H)
  4. 現在お持ちの受給者証(原本)
 
5

市町村民税額の変更等により、自己負担上限額に変更が生じた場合

  1. 小児慢性特定疾病支給認定申請書(変更)(A)
  2. 市町村民税(非)課税証明書
  3. 現在お持ちの受給者証(原本)
 
6

支給認定を受けている疾病に追加(変更)がある場合

  1. 小児慢性特定疾病支給認定申請書(変更)(A)
  2. 小児慢性特定疾病 医療意見書(D)          ※指定医が記載。
  3. 現在お持ちの受給者証(原本)
 
7

新たに重症患者認定申請を行う場合

  1. 小児慢性特定疾病支給認定申請書(変更)(A)
  2. 重症患者認定申告書(I)
  3. 小児慢性特定疾病重症患者認定意見書(J)     ※指定医が記載。
  4. 身体障害者手帳や療育手帳の写し(該当者のみ)
  5. 現在お持ちの受給者証(原本)
 
8

新たに人工呼吸器装着者認定申請を行う場合

  1. 小児慢性特定疾病支給認定申請書(変更)(A)
  2. 人工呼吸器装着者証明書(K)              ※指定医が記載。
  3. 現在お持ちの受給者証(原本)
9

高額治療継続者(高額かつ長期)の申請を行う場合

  1. 小児慢性特定疾病支給認定申請書(変更)(A)
  2. 重症患者認定申告書(I)
  3. 小児慢性特定疾病医療費上限額管理票のコピー ※1 ※2
  4. 現在お持ちの受給者証(原本)

※1 過去1年以内で小児慢性特定疾病医療費助成を受けた医療費のうち、月の医療費総額が5万円を超える月が6ヵ月以上ある場合が対象。

※2 上限額管理票の記載がない月に関しては、医療費申告書(高額かつ長期用)に領収書を添付いただくことで認定を行うことができます。

10

同一の医療保険に加入する家族が新たに指定難病又は小児慢性特定疾病の受給資格を取得した場合

 
  1. 小児慢性特定疾病支給認定申請書(変更)(A)
  2. 同一の医療保険に加入する家族の指定難病又は小児慢性特定疾病の医療受給者証の写し
  3. 現在お持ちの受給者証(原本)
 
11

寡婦控除のみなし適用を希望する場合

※要件等については、こちらをご覧ください。

 
  1. 小児慢性特定疾病支給認定申請書(変更)(A)
  2. 戸籍全部事項証明書
  3. 市町村民税(非)課税証明書
  4. 世帯員全員の住民票
  5. 誓約書(N)
  6. 現在お持ちの受給者証(原本)
 ※寡婦控除のみなし適用を行った場合でも、自己負担上限額に変更が生じない場合もあります。
12

生活保護の受給を開始した場合

 
  1. 小児慢性特定疾病支給認定申請書(変更)(A)
  2. 生活保護受給証明書(原本)
  3. 医療保険に加入されている場合は、医療保険証の写し(該当者のみ)                   ※(F)の用紙に貼り付けてください。
  4. 医療保険に加入されている場合は、同意書(E)     (該当者のみ)
  5. 現在お持ちの受給者証(原本)
 

3.変更申請に必要な書類について

以下より必要な書類をダウンロードできます。

  書類 様式 
A

 小児慢性特定疾病医療費助成支給認定申請書(変更)

Excel

PDF

B

 小児慢性特定疾病医療費助成支給認定申請書(医療機関追加のみ)

 ※医療機関の追加のみを行う場合はこちらをご利用ください。

Excel

PDF

C

 小児慢性特定疾病医療費受給者証等記載事項変更届 

 ※自己負担上限額の変更・医療機関の追加がある場合はAの書類で申請する必要があります。

Excel

PDF

D

 小児慢性特定疾病 医療意見書

 ※指定医に記載いただく必要があります。

外部リンク

(小児慢性特定疾病情報センター)

E  医療保険者への照会の同意書

Word

PDF

F  医療保険証の写し貼り付け用紙

Excel

PDF

G

 小児慢性特定疾病 訪問看護利用届

 ※Hの訪問看護指示書の写しの添付が必要です。

Excel

PDF

H

 訪問看護指示書の写し

 ※医師が記載したもの。

I

 重症患者認定申告書

 ※Jの書類と合わせて提出が必要です。

Excel

PDF

J

 小児慢性特定疾病重症患者認定意見書

 ※指定医に記載いただく必要があります。

Excel

PDF

K

 人工呼吸器等装着者証明書

 ※指定医に記載いただく必要があります。

Excel

PDF

L  医療費申告書(高額かつ長期認定申告用) PDF
N  寡婦控除のみなし適用についての誓約書 Word

PDF

4.変更申請の個人番号(マイナンバー)の取扱いについて

変更申請については、新規申請時に申請者及び受給者の個人番号(マイナンバー)の確認を行っているため、 原則として個人番号(マイナンバー)の記載は不要です。

ただし、個人番号(マイナンバー)を利用した書類の省略を希望される場合は、マイナンバーの記載及び窓口等での本人確認手続きを行っていただく必要があります。

詳細については、こちらをご覧ください。

医療費の償還払いの手続きについて

新規申請や変更申請をされる際に、小児慢性特定疾病医療受給者証に記載されている有効期間開始日から受給者証がお手元に届くまでの間に、医療費自己負担上限額の金額を超えて医療費を支払っている場合は、申請によりその差額を払い戻し(償還払い)することができます。

下記の書類をご用意のうえ、保健所へご提出ください。

  1. 小児慢性特定疾病医療費支給申請書(PDF)(※医療機関等で証明を受けてください。)
  2. 領収書(※返却を希望される場合は、84円切手と返信用封筒をご用意ください。)

 ※小児慢性特定疾病医療費支給申請書は月ごと、医療機関ごとに作成していただく必要があります。

再発行手続きについて

小児慢性特定疾病医療費受給者証の紛失又は汚損等で再発行が必要な場合は以下の書類により管轄する保健所に申請してください。

   必要書類 様式
1
  1. 再交付申請書
  2. 汚損の場合は、汚損した受給者証(原本)
再交付申請書(PDF)

転帰手続きについて

他都道府県及び奈良市に転居される場合や、受給資格を喪失した場合は、以下の書類により転帰手続きが必要となります。

  必要書類 様式
1
  1. 転帰届
  2. 現在お持ちの受給者証(原本)

転帰届(PDF)

更新申請について

現在お持ちの小児慢性特定疾病医療受給者証の有効期間が令和2年(平成32年)3月31日で終了する方は、令和2年4月1日以降も引き続き医療費助成を受けるためには、更新手続きが必要です。

更新の対象となる方には、令和元年11月29日に案内を郵送しています。

更新手続きの詳細については、以下の手引きをご覧ください。

更新申請受付期間

令和2年1月31日(金曜日)まで
(郵送の場合は平成31年1月31日(金曜日)消印有効)

※更新申請受付期間終了後も令和2年3月31日までは更新申請の受付は可能ですが、令和2年4月1日までに受給者証をお届けすることができません。必ず期限までの申請をお願いします。
※令和2年4月1日以降は更新用書類では受付できませんのでご注意ください。


更新の手引き

更新を希望される方は、以下の更新申請の手引きをご参照のうえ、必要書類を管轄の保健所あてに提出してください。

※更新対象者には、令和元年11月29日に更新案内を送付しています。

※更新申請では、マイナンバーによる書類の省略はできませんので、ご了承ください。

小児慢性特定疾病医療費助成制度 更新申請の手引き

更新申請に必要な書類について

以下より必要な書類をダウンロードできます。

   必要となる方 書類 様式 
1  全員が必要

 小児慢性特定疾病医療費助成支給認定申請書

 ※申請の前に、必ず 「医療意見書の研究利用に関するご説明」をお読みください。

           

PDF 

2  全員が必要

 小児慢性特定疾病 医療意見書

 ※指定医に記載いただく必要があります。

 ※成長ホルモン治療を行われる場合は、医療意見書に加え、

  成長ホルモン治療用意見書が必要になります。

外部リンク

(小児慢性特定疾病情報センター)

3  全員が必要  医療保険者への照会の同意書

Word

PDF

4  全員が必要  医療保険証の写し貼り付け用紙

Excel

PDF

5  全員が必要

 同一世帯員全員が記載された住民票

  ※更新申請では、マイナンバーによる省略はできません。

市町村役場等で取得
6  全員が必要

 市町村民税(非)課税証明書

 ※被用者保険の方は、被保険者のものが必要。

 ※国民健康保険・国民健康保険組合の方は、同一保険に加入する方

  全員分(義務教育を終了していないものを除く)が必要。

  ※更新申請では、マイナンバーによる省略はできません。

市町村役場等で取得
7  該当者のみ

 小児慢性特定疾病 訪問看護利用届

 ※6の訪問看護指示書の写しの添付が必要です。

Excel

PDF

8  該当者のみ

 訪問看護指示書の写し

 ※医師が記載したもの。

9  該当者のみ

 重症患者認定申告書

 ※重症度で認定を受ける場合は6の書類と合わせて提出が必要です。

 ※高額かつ長期での認定の場合、6ヶ月分の上限額管理票の写しが必要。

Excel

PDF

10  該当者のみ

 小児慢性特定疾病重症患者認定意見書

 ※指定医に記載いただく必要があります。

Excel

PDF

11  該当者のみ

 人工呼吸器等装着者証明書

 ※指定医に記載いただく必要があります。

Excel

PDF

12  該当者のみ

 ※寡婦控除のみなし適用を希望される場合

 ・寡婦控除のみなし適用についての誓約書

 ・戸籍全部事項証明書

 ※要件等については、 こちらをご覧ください。

Word

PDF