輝く水を未来に

イワナ     アユ      アマゴ





浄化センター 第二浄化センター 宇陀川浄化センター 吉野川浄化センター



 浄化センター概要

  施設平面図

  交通案内
浄化センター
丸い最終沈殿池が並ぶ浄化センター

処理水利用申込書
 浄化センター処理水利用をご希望の方は、下記のファイルをダウンロードいただき、記入の上、浄化センターまで持参いただくか、FAXをお願いします。
 (FAX:0743-56-4398)
Wordファイル 22KB
PDFファイル 9KB


浄化センター見学申し込み用紙
 浄化センターへの見学を希望される方は、下記のファイルをダウンロードいただき、記入の上、浄化センターまで持参いただくか、FAXをお願いします。
 (FAX: 0743-56-4398)
   
Wordファイル 22KB
PDFファイル 8KB


PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない場合はAdobe Readerのウェブサイトから
ダウンロードしてください。
Adobe Reader


大和郡山市額田部南町にある浄化センターで汚水を処理する大和川上流・宇陀川流域下水道の第一処理区は、水質汚濁の目立つ大和川を守るため、県内最初の流域下水道事業として昭和49年に運転を開始しました。

大和川右岸の奈良市、大和郡山市、天理市、桜井市、生駒市、香芝市、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、広陵町の6市8町を処理区域としています。

計画処理面積は約25,500ヘクタール、計画処理人口は約73万人。浄化センターの現在の処理能力は日量331,500トンで、幹線管渠は全体の96.8%が完成しています。

広大な敷地内には緑豊かな公園と、ファミリープールや野球場などの施設があり、県民の集う憩いの場として利用されています。
明るく、親しめる浄化センタ-、緑に包まれた森のなかの浄化センタ-、自由に歩ける浄化センタ-等の考えにもとづき建設、運用されています。

水処理施設では毎日約233,000m3/日 の下水を処理しています。汚泥処理施設は、下水から発生した汚泥を濃縮-消化-脱水-焼却、という工程を経て処理しています。

処理区名 大和川上流・宇陀川流域下水道
第一処理区
処理場名 浄化センター
所在地 大和郡山市額田部南町
放流先河川 大和川
事業着手年度 昭和45年度
供用開始 昭和49年6月
行政区域 14市町
奈良市、大和郡山市、天理市、桜井市、生駒市、香芝市、平群町、
三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、広陵町
計画処理区面積 25,537ha
計画人口 72.7万人
計画汚水量 40.7万m3/日
処理方法
(水処理)
標準活性汚泥法
嫌気-無酸素-好気法(A2O法)
処理方法
(汚泥処理)
濃縮-消化-脱水-焼却
幹線管渠 96.3km

輝く水を未来に

イワナ     アユ      アマゴ

浄化センター  第二浄化センター
 宇陀川浄化センター  吉野川浄化センター
 
浄化センター概要

施設平面図

交通案内
浄化センター
丸い最終沈殿池が並ぶ浄化センター

処理水利用申込書
 浄化センター処理水利用をご希望の方は、下記のファイルをダウンロードいただき、記入の上、浄化センターまで持参いただくか、FAXをお願いします。
 (FAX:0743-56-4398)
Wordファイル 22KB
PDFファイル 9KB


浄化センター見学申し込み用紙
 浄化センターへの見学を希望される方は、下記のファイルをダウンロードいただき、記入の上、浄化センターまで持参いただくか、FAXをお願いします。
 (FAX: 0743-56-4398)
   
Wordファイル 22KB
PDFファイル 8KB


PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない場合はAdobe Readerのウェブサイトから
ダウンロードしてください。
Adobe Reader


大和郡山市額田部南町にある浄化センターで汚水を処理する大和川上流・宇陀川流域下水道の第一処理区は、水質汚濁の目立つ大和川を守るため、県内最初の流域下水道事業として昭和49年に運転を開始しました。

大和川右岸の奈良市、大和郡山市、天理市、桜井市、生駒市、香芝市、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、広陵町の6市8町を処理区域としています。

計画処理面積は約25,500ヘクタール、計画処理人口は約73万人。浄化センターの現在の処理能力は日量331,500トンで、幹線管渠は全体の96.8%が完成しています。

広大な敷地内には緑豊かな公園と、ファミリープールや野球場などの施設があり、県民の集う憩いの場として利用されています。
明るく、親しめる浄化センタ-、緑に包まれた森のなかの浄化センタ-、自由に歩ける浄化センタ-等の考えにもとづき建設、運用されています。

水処理施設では毎日約233,000m3/日 の下水を処理しています。汚泥処理施設は、下水から発生した汚泥を濃縮-消化-脱水-焼却、という工程を経て処理しています。

処理区名 大和川上流・宇陀川流域下水道
第一処理区
処理場名 浄化センター
所在地 大和郡山市額田部南町
放流先河川 大和川
事業着手年度 昭和45年度
供用開始 昭和49年6月
行政区域 14市町
奈良市、大和郡山市、天理市、桜井市、生駒市、香芝市、平群町、
三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、広陵町
計画処理区面積 25,537ha
計画人口 72.7万人
計画汚水量 40.7万m3/日
処理方法
(水処理)
標準活性汚泥法
嫌気-無酸素-好気法(A2O法)
処理方法
(汚泥処理)
濃縮-消化-脱水-焼却
幹線管渠 96.3km