東部地域

奈良市、天理市の東部山間では茶が作られており、地域の重要な産業となっています。県内における平成27年の荒茶生産量は1,700t、栽培面積は、1,250haです。
標高200m~500mに茶園が位置し、一番茶芽がじっくり伸育するため、うまみの多いお茶が作られます。最近は品質向上のために簡易被覆栽培が増加し、かぶせ茶や抹茶の原料であるてん茶の生産が増加しています。
出荷は県農協を中心とした共同販売が中心で、平成6年度から始めた農薬防除記録の記帳に施肥記録等も加えた茶生産管理カードの記帳徹底を行って、安心・安全な「清浄大和茶」生産に努めています。
茶園の様子 茶の摘採風景

 カキは奈良県の代表果樹です。天理市は五條・吉野地区に次ぐ県内第2位の産地として、「刀根早生(とねわせ)」「平核無(ひらたねなし)」といった渋柿を中心に約77haで栽培されています。
 カキ産地は南北に通じる日本最古の道「山の辺の道」沿いに広がり野菜との複合経営が多い地域です。その中心に位置する萱生地区は、早生の優良品種である「刀根早生(とねわせ)」の発見された地として知られています。平成11年には「刀根早生柿発祥の地」として後世に長く伝え、カキ産地の益々の繁栄を期するため、原木の地に顕彰碑が建設されました。
 当産地のカキは日照時間が長いため糖度が高く、消費者から高い評価を受けています。
 また、天理市ふるさと納税の返礼品としても非常に人気があります。
 今後も機械化による作業の省力化や果樹産地構造計画の策定を目指して、産地の維持・活性化を図ります。
大和盆地周辺に広がる柿園 柿園内の様子
「刀根早生柿発祥の地」顕彰碑 刀根早生(とねわせ)

お問い合わせ

北部農林振興事務所
〒 639-1041大和郡山市満願寺町60-1 奈良県郡山総合庁舎内
[〒630-2166 奈良市矢田原町乙470-1 大和茶研究センター内(農産物ブランド推進第二係の住所)]

お問い合わせフォームはこちら

総務企画課:総務企画係TEL : 0743-51-0371FAX : 0743-54-5503
農林普及課:担い手・農地マネジメント係TEL : 0743-51-0373
農林普及課:農産物ブランド推進第一係TEL : 0743-51-0372FAX : 0743-54-5512
農林普及課:農産物ブランド推進第二係TEL : 0742-81-0019FAX : 0742-81-0652
農林普及課:林業振興係TEL : 0743-51-0374
土地改良課:農村整備係TEL : 0743-51-0375FAX : 0743-54-5523
   TEL : 0743-51-0376