キュウリの病害

このページの画像は奈良県病害虫防除所が所有する画像です。無断転用を禁止します。

苗立枯病

被害の特徴と発生形態

育苗初期に地際部が腐敗し倒伏する。各種の土壌伝染病の病原菌による病害で、過湿条件で発生しやすい。

うどんこ病

被害の特徴と発生形態

葉にうどん粉をまぶしたような白い粉状のカビが生じる。葉上にできた分生胞子の飛散によって空気伝染する。下位葉から発生する場合が多い。生育適温は28℃前後で、乾燥条件で多発しやすい。

べと病

被害の特徴と発生形態

葉だけに発生し、葉脈に囲まれた角張った病班になる。越年方法ははっきりしないが、病原菌は腐敗した病組織とともに土中で越年して翌年の発生源となる。本葉2~3枚のころ下葉から出始める。5月下旬から7月頃までに降雨が多く、平均気温20℃の時の発生が多い。肥料不足の時に多発しやすい。

炭そ病

被害の特徴と発生形態

べと病に比べて病班は円味を帯び、中央が破れやすい。果実にも褐色のくぼんだ病班を生じる。土中の被害植物により越年する。また種子に付着する場合もある。露地栽培で発生が多く、一般に6月頃から発生する。夏季低温で曇天・降雨が続くと、多発する。窒素肥料の過多を助長する。

黒星病

被害の特徴と発生形態

若い葉、幼果などが侵されやすい。茎や果実では暗褐色の楕円形の斑点となり、褐変し、へこむ。病班面には、黒褐色のカビが生じ、裂けてヤニを分泌する。茎の先端で発病すると、芯止まりとなり、腋芽がそう生し「カンザシ」状になる。発病適温17℃と低く、低温多湿条件で多発する。種子伝染又は資材伝染する。

灰色かび病

被害の特徴と発生形態

あらゆる部分に発生するが、古い花弁から始まり、果実の被害が大きく、罹病部に灰色のかびを生じる。施設栽培の低温・多湿条件下で特に発生が多い。

菌核病

被害の特徴と発生形態

茎・幼果・葉に発生する。葉では下葉から発生し、茎は褐色になり水浸状となる。果実は灰緑~黄緑色に変わり、ミイラ状となるか腐敗する。病班部は白色綿毛状のカビが生じ、白い固まりとなり、根に黒色のネズミ糞状の菌核を形成する。発病条件は、灰色かび病と似ており、低温多湿で発生しやすい。

疫病

被害の特徴と発生形態

地際部に暗緑色、水浸状のへこんだ病班を生じ、株は萎凋し枯死する。葉では下葉から水浸状不正形の病班を生じる。果実は軟化腐敗し、白色綿状の菌糸を生じる。気温24℃多湿条件になる6月中旬~7月上旬に発生が多い。

つる枯病

被害の特徴と発生形態

葉の縁から淡褐色の円形病班が生じ、半円状の大型病班を作る。茎、地際部が侵され、灰白色~褐色となり、病班部には小粒黒点が多数形成され、その上部がしおれて枯死する。発病適温は20℃~24℃である。多湿、肥料切れで病勢が進展する。

つる割病

被害の特徴と発生形態

葉から黄色萎凋し、株全体に及ぶ。地際部の茎には淡紅色のヤニと白いカビを生じる。地温が20℃以上になると発生する。

斑点細菌病

被害の特徴と発生形態

細菌病であり、種子伝染により子葉に円形淡褐色のへこんだ斑点が出来る。葉では水浸状の斑点ができ、やがて葉脈にとった角張った斑点となり、破れて穴があきやすい。果実、茎も軟腐する。ハウス栽培では低温多湿となると多発しやすい。

ウイルス病

被害の特徴と発生形態

葉はモザイクになり、株が萎縮する。ウイルスの種類や系統によって萎凋枯死するものもある。ウイルスはCMV(キュウリモザイクウイルス)、WMV(カボチャモザイクウイルス)、PRSV(パパイヤ輪点ウイルス)、ZYMV(ズッキーニ黄班モザイクウイルス)、CGMMV(キュウリ緑班モザイクウイルス)がある。CMVはアブラムシで伝搬され、WMV、PRSV、ZYMVは、アブラムシ伝搬と種子、接触伝染する。CGMMVは、種子、土壌、接触伝染する。