南奈良総合医療センター

所在地 〒638-8551
奈良県吉野郡大淀町大字福神8番1
開設者名 南和広域医療企業団 企業長 上山 幸寛
院長 松本 昌美
マッチング利用 参加
病床数 232床
問合せ先 総務課 総務係
TEL 0747-54-5000
FAX 0747-54-5020
URL http://nanwairyou.jp/minaminara/
e-mail kenshu@nanwairyou.jp

外観写真

  • 病院情報
  • 初期研修情報
  • 初期研修医・応募・待遇情報
  • インタビュー

初期研修情報2-1

研修管理責任者 下川 充
プログラムの特徴 南奈良総合医療センターは奈良県南部の南和医療圏に位置しています。「南和の医療は南和で守る」という理念のもと、この地域の唯一の公的急性期病院として地域に根差した医療を展開しています。研修プログラムの大きな特色として以下の3つが挙げられます。

①県内屈指の救急搬送件数
南和医療圏の急性期医療を一手に担っているためコモンディジーズを抱えた患者さんが多くおられます。救急・プライマリケア診療に対する地域からの大きなニーズに対してER型の救急センターがしっかり対応するとともに、ドクターヘリの基地病院として一刻を争う救急疾患に対する迅速な治療介入も行っています。一年を通して救急外来カリキュラム研修があるため継続的に救急診療に携わることができ、技術や知識を無理なく身に付けることができます。

②総合内科が活躍し、へき地診療所支援や在宅診療も実施
総合内科は患者中心の医療を大切にしながら初診外来や入院診療、在宅診療や僻地診療所支援まで行います。訪問診療では年間700件以上の訪問診療件数や25件程度の在宅看取りも行い、へき地支援ではテレビ会議システムや電子カルテ共有システムを利用して濃密な連携体制をとっています。在宅研修/へき地短期研修を必須としており、地域医療の温かさを学ぶことができます。

③南和地域を丸ごと使った多彩な研修フィールドときめ細かな教育体制
各専門科も充実しており、地域特性に応じた専門医療を実践しています。救急科/総合内科と各臓器別専門科、多職種、院内の各部署が有機的に連携して医療を提供しているため、病院全体として地域の声に耳をかたむけ、地域の健康を守っています。そして院内の各部署のみならず、地域で活躍するケアスタッフやメディカルスタッフとも顔の見える関係が構築されています。この環境のなかで、「地域を診る」醍醐味を味わいながら手厚い教育が受けられます。
プログラムの目標 プライマリケアを中心とした基本的診療能力を身につけることはもちろんのこと、単なる医療知識や医療技術のみならず、患者の心理・社会的背景を踏まえたうえで患者中心の医療を真摯に実践し、病気を抱えながらも最期まで住み慣れた地域で生きることをサポートできる地域医療のリーダーとなる医師を育てることを目標としています。
カンファレンス特徴・内容 最大の特徴は毎月開催される「レジデントデイ」です。完全に業務から離れ、「一か月の振り返り・医師の基本スキルに関するワークショップ・レポート指導・症例検討会・外部から有名講師を招いての教育回診」などを行うことで、沢山の臨床経験を“やりっぱなし”にせずに確実に定着させることができます。その他にも、毎週火曜日には「南奈良スキルアップレクチャー」として各科指導医による研修医むけ講義があり、各科もカンファランス、抄読会など行っています。
プログラム1 募集人員  2人

表

初期研修情報2-2

プログラムの内容 内科部門
(6.4ヶ月)
臓器別内科系3ブロック(循環器/糖尿病、呼吸器/感染症、消化器/内分泌代謝、各2ヶ月)と神経内科 1ヶ月、総合内科 1ヶ月の合計8ヶ月間で、内科部門の研修を網羅する。 ただしそれらの期間中は、2コマ(1日)/週の救急カリキュラム研修(内科系ウォークイン患者ブース)を含んでいるため、実質的には6.4ヶ月相当となる。
救急部門
(3.2ヶ月)
1ヶ月の救急ブロック研修と、3ヶ月の外科系研修期間中の救急カリキュラム研修(2コマ(1日)/週、0.6ヶ月相当)中は、救急専門医の指導のもと、救急車搬送/外傷患者ブース を中心に研修をする。   上記8ヶ月間の内科系研修期間中の救急カリキュラム研修(2コマ(1日)/週、1.6ヶ月相当)は、内科系ウォークイン患者ブースを中心として、総合内科医師または救急担当内科医師の指導を受ける。
地域医療
(2ヶ月)
地域医療1は、吉野病院で0.5ヶ月と五條病院で0.5ヶ月の研修により、地域包括ケア病棟、療養病棟での回復期/慢性期医療を研修し、両病院主導で、町の診療所の外来と保健所研修をおこなう。 地域医療2の1ヶ月は、当センターの在宅医療センター/へき地医療支援センターにて、在宅診療、へき地医療を実際に経験するとともに、多職種連携についても理解を深める。
外科部門
(2.4ヶ月
:必修)
外科部門は①消化器/総合外科、②整形外科、③脳神経外科を各1ヶ月で計3ヶ月を必修とする。 ただしその期間中は、2コマ(1日)/週の救急カリキュラム研修(救急車搬送/外傷患者ブース)を含むため、実質的には2.4ヶ月相当となる。救急研修前に外科系基本手技を修得することが望ましい。
小児科
(1ヶ月
:必修)
当センター小児科にて、1ヶ月間の研修を受ける。
産婦人科
(1ヶ月
:必修)
当センター婦人科にて、0.5ヶ月間の婦人科研修を受ける。 奈良県立医科大学産婦人科にて0.5ヶ月間の産科研修を受ける。
精神科
(1ヶ月
:必修)
秋津鴻池病院にて、1ヶ月間の研修を受ける。
麻酔科
(1ヶ月
:必修)
当センター麻酔科にて、1ヶ月間の研修を受ける。救急部門研修の前にローテートし、気管挿管等の基本手技を修得することが望ましい。
腎尿路疾患センター
(0.5ヶ月
:必修)
当センター腎尿路疾患センターにて、泌尿器科が担当する0.5ヶ月間の研修を受ける。
選択科目
(5ヶ月
:必修)
南奈良総合医療センター 全診療科 奈良県立医科大学 全診療科より選択し、研修を受けることができる。
関連協力型病院 産科 奈良県立医科大学 産婦人科学教室
精神科 秋津鴻池病院 精神科
地域医療 南和広域医療企業団 吉野病院
南和広域医療企業団 五條病院
メッセージ
指導医からの一言

皆さんは、どのような医師になりたいと思って医師を志したのでしょうか?
病で苦しむ患者さんを助けたい、患者さんから信頼される医師になろう、患者さんの心も身体もやすらぐような医療がしたい、知識や技術を持った医師になりたい、チームとして協力することで多くの患者さんを救いたい、医療過疎の人々の役に立ちたい、などなど。
そのような考えを少しでも抱いたことのある方は、是非とも南奈良総合医療センターに見学に来てください。きっと皆さんが思い描いた医師へと近づく支援ができると思います。

臨床研修病院一覧へ戻る