(第3報)県内で発見されたC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品への対応について

 ギリアド・サイエンシズ株式会社が販売するC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」について、ギリアド社から直接納品を受ける卸業者(スズケン)以外の卸業者4社(何れも県外卸業者)からの仕入品について追跡調査を京都府と奈良市と協力して行いましたので、お知らせします。

 詳しくはこちらから(報道資料第3報)

○調査内容
趣旨:これまでに発見された偽造品5本は、関西メディコ株式会社がギリアド社から直接納品を受ける卸業者(株式会社スズケン)以外の卸業者4社から昨年末に仕入れたものと見られていますが、①それ以前のものには問題なかったのか、②それによる治療状況はどうだったのか、確認のため「ハーボニー配合錠」を処方された患者又は主治医への調査を実施しました。
  
 患者数:62名(偽造品を返品した患者を含まない。)
 対応:奈良県24名、奈良市33名、京都府5名
 方 法:電話による患者本人又は主治医への確認

○調査結果
 62名中、服用済みの患者56名については、C型肝炎ウィルスが検出されていないことを確認しました。治療中の6名については、薬剤の形状に異常がないことを確認しました。
 なお、発見の端緒となった偽造品を返品をされた1名は服用されていないことを既に確認しています。
このことから、関西メディコ株式会社が取り扱った「ハーボニー配合錠」について、偽造品は既に発見された5本だけであったことが判明いたしました。

○その他の対応状況
 偽造品が発見された薬局以外にも「ハーボニー配合錠」の偽造品を取り扱っている薬局や医療機関がないかどうか確認のため、奈良市と協力し1月23日付けで全薬局、卸業者、病院に対して書面調査を実施しています。
 これまでに対象646施設のうち87%にあたる560施設から回答を受けていますが、新たな偽造品は発見されていません。

***************************************************************
報道資料第1報
報道資料第2報

(第2報)県内で発見されたC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品への対応について

 1月17日(火)に報道発表いたしました標記のことについて、偽造品が発見されたチェーン薬局への全店舗調査が京都府と奈良市の協力のもとで完了いたしましたのでお知らせします。

詳しくはこちらから(報道資料第2報)

○調査結果
①京都府と奈良市の協力の下で関西メディコの系列59店舗すべてに調査に出向き、「ハーボニー®配合錠」の在庫状況と在庫品が正規品であること、また、今後、偽造品を流通させない対応策の徹底について、確認及び指導をいたしました。
 なお、新たに偽造品は発見されませんでした。
詳しくは、報道資料をご覧ください。

②本部となるサン薬局平群店に対しては、1月17日(火)の発表のとおり、患者への追跡調査(正規品であること、健康被害がないこと)のほか、再発防止のための譲受・譲渡の際の対応策(容器包装等の確認、適正な流通経路からの入手確認など)の徹底について行政指導を行いました。 
③その他すべての店舗に対しては、「ハーボニー®配合錠」の取扱の有無を確認するとともに、取扱う場合は、交付する際に患者とともに、錠剤の形状・刻印・色、内容量(28錠)などの確認を徹底するよう伝えました。

【厚生労働省HP】
  C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品について(第2報)
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000149369.html

***************************************************************
報道資料第1報

県内で発見されたC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品への対応について

 C型肝炎治療薬「ハーボニー® 配合錠」の偽造品が県内の薬局で発見されたことから、県が行った対応、及び、注意喚起についてお知らせします。
 なお、今のところ健康被害の連絡は受けておりません。

 詳しくはこちらから

「ハーボニー® 配合錠」
 ・添付文書(pdf 767KB)

【県民の皆様へ】
C型肝炎治療薬「ハーボニー® 配合錠」を服用されて、不審な点がある場合は、念のため調剤を受けた医療機関又は薬局、若しくは、ギリアド社の偽造品専用ホットラインにお問い合わせください。
判別方法は報道資料内別紙のほか、詳細はギリアド社のホームページをご覧ください。

http://www.gilead.co.jp/


【医療機関等の皆様へ】
C型肝炎治療薬「ハーボニー® 配合錠」を取り扱っている医療機関や薬局は、納入先の卸業者に正規品であることを確認するとともに、疑わしい場合は患者様への確認も行ってください。


【厚生労働省HP】
 C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品について
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000148807.html

平成28年度毒物劇物取扱者試験を実施します。

平成28年度毒物劇物取扱者試験についてお知らせします。

【日時】平成29年2月14日(火)午前10時から正午まで

【場所】奈良県立大学

【願書受付期間】平成29年1月11日(水)~13日(金)

・願書の印刷を含め、詳しくはこちらの「平成28年度毒物劇物取扱者試験について」をご覧ください。

平成28年度薬事功労者表彰式について

平成28年度薬事功労者表彰式について
 表彰は、薬事衛生の普及向上等に功労があった者の労苦に報いるため、
知事が表彰を行い、薬事行政の推進に役立てることを目的として実施します。

日時 平成28年10月12日(水曜日) 午前11時00分~11時40分
場所 奈良県庁5階 第1会議室
 
報道資料(pdf 53KB)
 
受賞者名簿(pdf 118KB) 

後発医薬品安心使用促進協議会の開催について

平成28年度第1回後発医薬品安心使用促進協議会の開催についてお知らせします。

【日 時】平成28年10月4日(火) 午後2時~4時

【場 所】奈良経済倶楽部 4階 小会議室

報道資料

詳しくはこちらをご覧ください

「ダメ。ゼッタイ。」普及運動の実施

平成28年6月13日 報道発表

  報道資料 「ダメ。ゼッタイ。」普及運動の実施について

薬物乱用撲滅のための啓発活動「6・26ヤング街頭キャンペーン」を実施します。少年警察大学生ボランティアの少年フォローズ奈POLIが中心となって啓発活動を行いますので、皆様のご理解ご協力をお願いします。

  日 時 : 平成28年6月25日(土)
        10時 ~ 11時(配布物がなくなり次第終了)
  場 所 : 近鉄奈良駅前行基広場
  内 容 : 啓発活動及び啓発物品の配布

指定薬物を含有する危険ドラッグの発見について

 厚生労働省の平成25年度無承認無許可医薬品等買上調査において、本県が買い上げた危険ドラッグ9製品中全ての製品から指定薬物が検出されたとの報告がありました。
 当時買い上げた販売店は、平成26年8月一斉立入指導により、いずれも閉店していますが、注意喚起のためお知らせします。
 現在のところ、本県には当該製品に係る健康被害の報告はありません。

・県の対応
 今後、インターネット販売等に対しても、県警察本部、近畿厚生局麻薬取締部と連携し危険ドラッグの流通防止に努めます。
 
・注意喚起
 危険ドラッグは、インターネット等で「合法ハーブ」「お香」「アロマ」などと称する商品が販売されているが、これらの商品には、麻薬、大麻、あるいはこれらの薬物以上の作用を有する成分を含む商品も多く、大変危険ですので絶対に購入しないようにして下さい。

報道資料

危険ドラッグについて

平成27年度毒物劇物取扱者試験を実施します

平成27年度
毒物劇物取扱者試験についてお知らせします。

【日時】平成28年2月16日(火) 午前10時から正午まで

【場所】奈良県立大学

【願書受付期間】平成28年1月6日(水)~8日(金)


・願書の印刷を含め、詳しくはこちらの「平成27年度毒物劇物取扱者試験について」をご覧ください。

近鉄奈良駅周辺で薬物乱用防止街頭キャンペーンを開催します

近鉄奈良駅周辺で薬物乱用防止街頭キャンペーンを開催します。
日時:平成27年12月8日(火) 午後2時~午後3時
場所:近鉄奈良駅周辺
※雨天でも実施します。(配布物がなくなり次第終了)

主催:一般社団法人奈良県医薬品登録販売者協会
共催:奈良県警察本部、奈良県医療政策部薬務課

概要:リーフレット等を配布し、薬物乱用防止のために啓発活動を行います。


 ・報道資料


前の一覧へ  次の一覧へ