2008年7月25日 奈良県初の企画!!「星降る夕べに 医療を語る」

     地域医療ワークショップ
     日本一大きな村 十津川村でへき地医療を語る
     「星降る夕べに 医療を語る」
    
     へき地の診療所等で活躍しておられる医師や、将来へ
     き地医療に携わりたいと考えている医師や医学生など、
  同じへき地医療を志す者同士やへき地の市町村の保
     健、医療、福祉担当者などが十津川村に集い、へき地
     医療の魅力や課題について大いに語り合うとともに、
     吉野の魅力も満喫してもらいます。
     この場での医療関係者や行政の担当者の交流を通して、
     将来の奈良県のへき地医療に携わる人材を確保し、
     奈良県の医療提供体制の確立を図るとともに、へき地
     医療提供体制の充実に参加していただける人材を募り
     ます。

【と き】 平成20年8月29日(金)~30日(土)
    
【ところ】 十津川温泉一乃湯ホテル
      (吉野郡十津川村小原223-1)
    
【内 容】
     ■語る1 講演
          講師:伊関(いせき) 友伸(ともとし)氏
          (城西大学経営学部准教授)
    
     ■語る2 講演
          講師:松島 松翠(まつしま しようすい)氏
          (佐久総合病院名誉院長)
    
     ■語る3 懇親会
    
【参加者募集】
【対 象】へき地医療に関心のある医学生や研修医等
 
【参加費】
  ・1日目の昼食と近鉄橿原神宮前駅までの交通費は各自
  で負担。
  ・参加費は無料です。
 
【申 込】 8月8日(金)必着
  ハガキかFAX、Eメールで氏名、住所、電話番号、年齢、
  性別、学校名または勤務先を記入の上、下記お問い合わ
  せ先へ。
 
【定 員】 50名。ただし、定員に満たない場合は、締
切以降も先着順で受け付けます。
 
【その他】伊関先生と松島先生の講演のみの参加も可。
この場合、必ず申込に「講演のみ」と記入してください 。
 
【問合せ】 奈良県福祉部健康安全局地域医療連携課
  電話 0742-27-8645 FAX 0742-22-2725
  Eメール iryourenkei@office.pref.nara.lg.jp
  〒630-8501 (住所記入不要) 奈良県地域医療連携課