牛肉・牛レバーによる腸管出血性大腸菌O157等食中毒について


o157
cow


 

いわゆる大腸菌は、人や動物の腸管内に存在し、通常は病原性はありません。
しかし、いくつかの大腸菌は人に対し病原性を有し、これらは病原性大腸菌と呼ばれます。
(※動物は無症状)
病原性大腸菌は、病気の発症機序により次の5つのタイプに分類されます。


1腸管毒素原性大腸菌(Enterotoxigenic E.coli : ETEC)
2腸管組織侵入性大腸菌(Enteroinvasive E.coli : EIEC)
3腸管病原性大腸菌(Enteropathogenic E.coli : EPEC)
4腸管出血性大腸菌(Enterohemorrhagic E.coli : EHEC)
腸管凝集性大腸菌(Enteroaggregative E.coli : EAggEC)
 
腸管出血性大腸菌による食中毒の特徴
原因 家畜(牛)や保菌者(ヒト)の糞便中の菌により汚染された 食肉、水、食品等を食べることで起こる。
潜伏期間 3日~8日
症状 激しい腹痛、頻回の下痢(水様~血様)、軽度の発熱、
場合によっては溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症等の重篤な合併症を発症。
特記事項 100個程度の少量の菌量で感染する。(普通の食中毒菌は1000000個必要)
tyuui

新鮮な食肉でも感染の恐れあり


味見程度の少量喫食で感染の
恐れあり

(※「O157(オー157)」とは、大腸菌の分類方法(血清型分類)による名称で、他には「O26」、「O111」等があります。)



 
 「厚生労働省ホームページ」 若齢者等の腸管出血性大腸菌食中毒の予防について
 「厚生労働省ホームページ」 O157 Q&A
 「国立感染症研究所ホームページ」 感染症の話(腸管出血性大腸菌感染症)

戻る