高山茶筌
 

特  徴  ・  用  途


 
茶筌の材料として、冬期に伐採し、油抜き、天日乾燥した淡竹・黒竹・真竹

(3年もの)を使用します。

茶筌の種類は、濃茶用と薄茶用に大別されます。一般的には、薄茶用の数穂、

80本立が最も多く作られています。


 

製  造  工  程

 

国指定伝統的工芸品 「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づき伝統的工芸品の振興を図るため経済産業大臣が指定します。