神酒口
 
 

特 徴 ・ 用 途


粘り、光沢、香りと三拍子そろった桧の背板を選び、表面に溝を彫り、

カンナで紙のように薄く削った経木の溝同士を編み目のように組み合

わせて作られています。

神棚に置かれるものですが、結婚式や上棟式などの席に縁起物とし

て飾られることもあります。


 


 
 

製 造 工 程

 


奈良県指定伝統的工芸品 「奈良県伝統的工芸品指定規程」に基づき伝統的工芸品の振興を図るため奈良県知事が指定します。