奈良漆器
 

特 徴 ・ 用 途


奈良漆器の特徴である螺鈿は、夜光貝、アワビ貝、チョウ貝などを

模様の形に切り、桧木地に貼り、漆で埋めて研ぎ出すという、漆芸

の加飾技法の1つです。

現在、伝統的な厚貝螺鈿技法を主として、硯箱、宝石箱、文箱など

が作られています。


 

製 造 工 程