インフルエンザ警報発令です
感染予防・感染拡大防止のために

1)飛沫感染対策としての咳エチケット、2)外出後の手洗い等、3)適度な湿度の保持、

4)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取、5)人混みや繁華街への外出を控えるを心がけてください。

風疹(ふうしん)について

風疹の報告が増えています。 奈良県で実施している抗体検査(無料)をご検討ください。

平成30年度奈良県風しん抗体検査事業について (県庁疾病対策課)

《対象》・妊娠を希望する女性 ・妊娠を希望する女性のパートナー ・風しん抗体価が低い妊婦のパートナー

  ※奈良市内に住民登録されている方は、奈良市保健所にご連絡ください。

,
最新週報(pdf版)は「感染症情報センター週報」ページからダウンロードできます。

最新の奈良県感染症情報(感染症情報センター)

 詳しくは週報をご覧下さい

❖定点把握感染症報告状況(定点当たりの患者報告数の上位5疾患)❖

◆平成31年 第2週◆

順位 疾患名 奈良県
定点当たり (前週)
1 インフルエンザ 31.45 (7.38)
2 感染性胃腸炎 8.41 (1.62)
3 A群溶連菌咽頭炎 2.00 (0.18)
4 突発性発しん 0.53 (0.12)
5 水痘 0.35 (0.21)

発生状況

:

大流行

流行

やや流行

少し流行

散発

(疾患毎に、基準値を定めています。) 

❖県内概況❖

 インフルエンザの定点当たり報告数が警報基準値「30」を越え、警報発令となりました。県内全域で報告数が急増しており、特に中和保健所管内西部地域、吉野保健所管内からの報告数が多くなっています。インフルエンザにかからないために(1)外出後の流水・石けんによる手洗い(2)適度な湿度(50~60%)の保持(3)体の抵抗力を高めるため、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取(4)人混みや繁華街への外出を控えることを心がけましょう。インフルエンザウイルスにはアルコールによる消毒も有効です。また、咳やくしゃみ等の症状のある時はマスクを着用し、体調不良を感じたときは早めに医療機関を受診するよう心がけましょう。 

警報・注意報等について

  

インフルエンザ速報値(第3週)

学級閉鎖等施設数については、厚生労働省ホームページ《インフルエンザに関する報道発表資料》をご覧ください。 
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou01/houdou.html 

2017/2018年のインフルエンザ

2017年から2018年のインフルエンザ
  

お問い合わせ

奈良県感染症情報センター  (奈良県保健研究センター内)

〒633-0062 桜井市粟殿1000
電話番号 0744-47-3183