最新週報(pdf版)は「感染症情報センター週報」ページからダウンロードできます。

最新の奈良県感染症情報(感染症情報センター)

 詳しくは週報をご覧下さい

❖定点把握感染症報告状況(定点当たりの患者報告数の上位5疾患)❖

◆平成31年 第19週◆

順位 疾患名 奈良県
定点当たり (前週)
1 感染性胃腸炎 6.94 (1.79)
2 A群溶連菌咽頭炎 1.62 (0.47)
3 咽頭結膜熱 0.76 (0.21)
4 突発性発しん 0.47 (0.09)
5 手足口病 0.44 (0.06)

発生状況

:

大流行

流行

やや流行

少し流行

散発

(疾患毎に、基準値を定めています。)

❖県内概況❖

 感染性胃腸炎の報告数が多くなっており、年齢を問わず報告があります。食品は十分に加熱して食べるようにし、調理前や食事の前、トイレの後などはこまめな手洗いを行い、予防に努めましょう。

 咽頭結膜熱の報告数が増加しており、特に中和保健所管内西部地域からの報告が多くなっています。咽頭結膜熱は発熱、咽頭痛、結膜炎が主な症状の疾患で、感染経路は飛まつ感染と接触感染です。うがい・手洗いを心がけ、タオルの共用は避けるようにしてください。

警報・注意報等について

  

お問い合わせ

奈良県感染症情報センター  (奈良県保健研究センター内)

〒633-0062 桜井市粟殿1000
電話番号 0744-47-3183