最新週報(pdf版)は「感染症情報センター週報」ページからダウンロードできます。

今週の概要

詳しくは週報をご覧下さい


❖定点把握感染症報告状況(定点当たりの患者報告数の上位5疾患)❖
◆平成28年28週◆

順位

疾患名

奈良県

定点当たり

(前週)

1

ヘルパンギーナ

4.44

(4.97)

2

感染性胃腸炎

3.91

(4.06)

3

A群溶連菌咽頭炎

1.71

(1.94)

4

流行性耳下腺炎

1.29

(2.00)

5

伝染性紅斑

0.59

(1.26)


発生状況:

 

大流行

 

流行

 

やや流行

 

少し流行

 

散発

(疾患毎に、基準値を定めています。)

❖県内概況❖ 

先週に引き続き、ヘルパンギーナが流行しています。中和保健所西部(旧葛城保健所)管内で増加し、警報レベルを超えています。患者は、5歳未満が8割を占めています。感染者との密接な接触を避け、うがいや手指の消毒を行ない、感染予防に努めましょう。

暑い日が続いています。体調管理に気を付け、体調不良を感じたら早めに医療機関を受診してください。

警報・注意報等について