最新週報(pdf版)は「感染症情報センター週報」ページからダウンロードできます。

最新の奈良県感染症情報(感染症情報センター)

 詳しくは週報をご覧下さい

❖定点把握感染症報告状況(定点当たりの患者報告数の上位5疾患)❖

◆令和元年 第36週◆

順位 疾患名 奈良県
定点当たり (前週)
1 RSウイルス感染症 4.32 (2.91)
2 感染性胃腸炎 3.21 (2.50)
3 ヘルパンギーナ 1.06 (1.35)
4 手足口病 1.00 (0.94)
5 A群溶連菌咽頭炎 0.88 (1.21)

発生状況

:

大流行

 

流行

 

やや流行

 

少し流行

 

散発

(疾患毎に、基準値を定めています。)

 

❖県内概況❖

 RSウイルス感染症報告数がさらに増加しています。中和保健所管内西部地域で報告数が急増しており、定点あたり報告数が11.83と非常に高い状態です。その他の地域も、内吉野保健所管内を除くすべての地域で報告数が増加しています。

 また、インフルエンザの報告が出てきています。第36週は奈良市保健所管内では10件、県内全体では15件の報告がありました。

 RSウイルス感染症もインフルエンザも、感染経路は患者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことで感染する飛沫感染と、ウイルスが付着した手や物品(手すり、おもちゃなど)を触ったりなめたりすることによる接触感染です。流水・石けんによる手洗いや、うがい、咳エチケットを心がけましょう。

警報・注意報等について

  

お問い合わせ

奈良県感染症情報センター  (奈良県保健研究センター内)

〒633-0062 桜井市粟殿1000
電話番号 0744-47-3183