インフルエンザの流行が始まっています
インフルエンザの流行が始まっています。今後の流行状況に注意してください。

 予防には1)ワクチン接種、2)飛沫感染対策としての咳エチケット、3)外出後の手洗い等、4)適度な湿度の保持、5)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取、6)人混みや繁華街への外出を控える を心がけてください。

最新週報(pdf版)は「感染症情報センター週報」ページからダウンロードできます。

最新の奈良県感染症情報 (感染症情報センター)

  詳しくは週報をご覧下さい
❖定点把握感染症報告状況(定点当たりの患者報告数の上位5疾患)❖
◆平成29年 1週◆

順位

疾患名

奈良県

定点当たり

(前週)

1

インフルエンザ

5.54

(4.00)

2

感染性胃腸炎

2.41

(6.09)

3

流行性耳下腺炎

1.09

(1.03)

4

RSウイルス感染症

0.82

(1.15)

5

A群溶連菌咽頭炎

0.65

(1.09)


発生状況:

 

大流行

 

流行

 

やや流行

 

少し流行

 

散発

(疾患毎に、基準値を定めています。)

❖県内概況❖ 

第1週もお休みの医療機関が多く、患者報告数は前週よりも少ないですが、インフルエンザは増加しています。20歳以上の成人の報告が約半数を占めており、なかでも60歳以上が10%を超えているのは、例年より多い状況です。65 歳以上の高齢者、各種の基礎疾患を有する方々は重症化しやすいため、特に注意が必要です。近府県でもインフルエンザは増加しており、今後の流行状況には注意が必要です。

昨年から引き続き、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)及びマイコプラズマ肺炎は、例年より多い状況が続いています。

マスク・手洗い・咳エチケットを心がけて、感染予防対策を励行してください。


 

警報・注意報等について

  

インフルエンザ速報値 New!

インフルエンザ速報値