奈良県感染症情報センター

新型コロナウイルス感染症について

感染拡大を防ぎ、あなたと、身近な人の命を守るため、うつらない・うつさない習慣を徹底しましょう

 

感染予防のための「3つの徹底」をお願いします。
(1)手洗い、手指消毒の徹底

 ・家に帰ったら、まず手や顔を洗いましょう。できるだけすぐに、着替え、シャワーを浴びましょう。
 ・手洗いは30秒程度、水と石けんで丁寧にしましょう。
 ・手洗い後、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かします。

 ・ウイルスが付着した手で目や口、鼻を触ると、ウイルスは粘膜などの細胞に付着して入り込んで増えます。
  ウイルスは粘膜に入り込むことはできますが、健康な皮膚には入り込むことができず表面に付着するだけと言われています。
  石けんを使った手洗いはコロナウイルスの膜を壊すことができるので、有効です。

(2)人との間隔は2m(最低1m)空けましょう

 ・会話は、できるだけ真正面をさけましょう。
 ・症状がなくてもマスクを着用、咳エチケットの徹底、こまめに換気しましょう。

(3)症状がある場合の外出自粛の徹底

 ・毎朝の体温測定。

 ・発熱や、かぜ症状がある場合は、自宅で療養しましょう。できる限り、家族と部屋を分けましょう。
 ・高齢者や持病のあるような重症化リスクの高い人と会うときは、体調管理をより厳重に。

 

【寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント】

 これから本格的な冬を迎えます。寒い環境であっても適切な換気(機械換気や室温が下がらない範囲での常時窓開け)や保湿(湿度40%以上を目安)は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に有効であると考えられています。以下の点に留意して、感染拡大防止に努めましょう。

  寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント(内閣官房)

 

【新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について】

 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)が新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価をとりまとめたことをうけ、これらの結果も含め、新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について、現在わかっていることをまとめられています。

  新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について

 

【Q&A(感染予防や医療相談に関するご質問)】

 感染予防や医療相談に関していただいているご質問へのお答えをまとめられていますのでご活用ください。

  新型コロナウイルス感染症に関するQ&A(一般の方向け)

 

【接触確認アプリ(COCOA)】

 接触確認アプリは、新型コロナウイルス感染症の患者と接触した可能性について、通知を受け取ることができるスマートフォンのアプリです。利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを受けることができます。利用者が増えることで、感染防止につながることが期待されます。

  接触確認アプリ

 

【新しい旅のエチケット】

 旅行に出かける皆様に、感染防止対策として特にお守りいただきたい内容を旅行者向け「新しい旅のエチケット」として各場面ごとに掲載しています。ご旅行の前にご確認いただき、ぜひ旅のお供にお持ちください。

  新しい旅のエチケット(観光庁) 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 新型コロナウイルスについて (奈良県)

  新型コロナウイルス感染症について (厚生労働省)

  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報ページ (国立感染症研究所)

最新の奈良県感染症情報(感染症情報センター)

 詳しくは週報をご覧下さい

❖定点把握感染症報告状況(定点当たりの患者報告数の上位5疾患)❖

◆令和3年 第2週◆

順位 疾患名 奈良県
定点当たり (前週)
1 感染性胃腸炎 1.21 (1.00)
2 A群溶連菌咽頭炎 0.50 (0.32)
3 突発性発しん 0.26 (0.26)
4 RSウイルス感染症 0.15 (0.00)
4 咽頭結膜熱 0.15 (0.26)

発生状況

:

大流行

流行

やや流行

少し流行

散発

(疾患毎に、基準値を定めています。)

❖県内概況❖

定点把握感染症の報告数は少ない状況です。

2週の県内の新型コロナウイルス感染症の新規報告者は245名となっており、依然高い水準が続いています。死亡者も5名確認されました。マスクなしでの会話や、飲酒を伴う懇親会等はクラスター発生のリスクがあるとされており、県内では劇場でのクラスターや、年末の親睦会(会食)でのクラスターが発生しています。日中も含めた不要不急の外出自粛やテレワーク等により、感染対策を行いましょう。

   感染症対策の基本は、「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」です。石けんで手を洗い終わったら、十分に水で洗い流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かします。また、マスクを着用する際は鼻と口の両方を確実に覆い、ひもを耳にかけ、隙間がないように鼻まで覆うようにしましょう。マスクの着用前や取り外し後は、手洗いを行いましょう。



お問い合わせ

奈良県感染症情報センター  (奈良県保健研究センター内)

〒633-0062 桜井市粟殿1000
電話番号 0744-47-3183