最新週報(pdf版)は「感染症情報センター週報」ページからダウンロードできます。

最新の奈良県感染症情報(感染症情報センター)

 詳しくは週報をご覧下さい

❖定点把握感染症報告状況(定点当たりの患者報告数の上位5疾患)❖
◆平成29年 第24週◆

順位

疾患名

奈良県

定点当たり

(前週)

1

感染性胃腸炎

8.97

(7.24)

2

A群溶連菌咽頭炎

3.50

(3.24)

3

手足口病

2.44

(1.74)

4

咽頭結膜熱

1.44

(1.68)

5

流行性耳下腺炎

0.65

(0.71)


発生状況

:

大流行

 

流行

 

やや流行

 

少し流行

 

散発

(疾患毎に、基準値を定めています。)

❖県内概況❖

A群溶連菌咽頭炎は、中和保健所管内西部地域で報告数の多い状態が続いています。喉の痛みを感じたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

手足口病が増加しています。中和保健所管内東部地域では、定点当たり報告数が6.00と警報レベルです。患者年齢は、2歳以下が8割以上を占めており、保育施設などでの流行が懸念されます。手足口病は、口内や手足に水疱性の発疹が現れるウイルス感染症で、夏に流行します。回復後も比較的長い期間、便の中にウイルスが排泄され、また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあるので、日頃からタオルの共有は避け、基本的な感染予防対策(手洗い・うがい)を心がけましょう。

警報・注意報等について

  

今シーズン(2016年から2017年)のインフルエンザ

インフルエンザ1.0以上

  

お問い合わせ

奈良県感染症情報センター
奈良県保健研究センター内)

〒633-0062 桜井市粟殿1000
電話番号 0744-47-3183