吉城園(よしきえん)は、「興福寺古絵図」によると同寺の子院の摩尼珠院(まにしゅいん)があったところとされています。明治に民間の所有となり大正8年(1919年)に現在の建物と庭園が作られました。企業の迎賓施設の時代を経て、昭和の終わりから奈良県が所有し庭園を公開しています。

園内は池の庭、苔の庭、茶花の庭からなり、苔の庭には離れ茶室があります。

なお、庭園管理業務受託者による吉城園ブログはこちらです。


○開園時間
 9:00~17:00(ただし、入園は16:30まで)
○開園期間
 4月1日~2月14日、3月1日~3月31日
    (2月15日~2月28日は休園)
○入園料
 大人(高校生以上):250円 (団体220円)
 小人(小学生以上):120円 (団体110円)
 ※団体料金は20名以上の場合に適用します。
○入園料免除対象者
 ・小学生未満
 ・満65歳以上
 ・身体障害者、知的障害者、精神障害者及びその介助者1名
 ・外国人観光客(長期滞在者及び留学生等を含む)
 ・観光ガイド及び添乗員(単独での入園者、研修のための入園者は除く)
  ※証明書類の提示が必要です。
○茶室利用期間
 1月5日~12月27日
○茶室利用料金
 午前( 9:00~12:00)利用 12,340円(14,810円)
 午後(13:00~17:00)利用 14,400円(17,280円)
 全日( 9:00~17:00)利用 24,680円(29,620円)
 ( )内は野点をする場合の利用料金
 ※茶室利用者は、別途吉城園入園料が必要です。
○茶室利用受付
 TEL.0742-22-5911(受付時間9:00~17:00)
 毛氈、ポット類、紅白幕等の備品を無償で貸出します。

吉城園主棟と庭園