展覧会予定 2020年4月~2021年3月

★開催の時期については、新型コロナウイルス感染拡大にともなう今後の国の動向や社会情勢を踏まえ変更することがあります。


2020年4月18日(土)~7月5日(日)

特別展「熱い絵画 大橋コレクションに見る戦後日本美術の力」終了しました

→ 展覧会チラシ(pdf 2049KB)

→ 出品作品リスト(pdf 237KB)

「大橋コレクション」は日本の現代美術を支援したプライベートコレクションの先駆的存在。大阪・京都・奈良の3館で収蔵する約2,000点から選んだ90点を展示。江見絹子、桂ゆき、工藤哲巳、白髪一雄、津高和一、難波田龍起、元永定正など33作家を紹介。戦後昭和に躍動した画家たちの熱いエネルギーを感じてみてください。

特別協力:国立国際美術館、京都工芸繊維大学美術工芸資料館

関連展示[展示室6]:奈良の現代作家─館蔵品から(井上武吉、絹谷幸二、田中敦子、ほか)

宇陀市による連携展示[ギャラリー/入場無料]:井上武吉と生誕地・室生の聖なる文化


2020年7月25日(土)~9月22日(火・祝)

特別展「みやびの色と意匠 公家服飾から見る日本美」

→ 展覧会チラシ(pdf 1673KB)

→ プレスリリース先行版(pdf 1121KB)

皇室行事など折々に注目される束帯や五衣唐衣裳(いつつぎぬからぎぬも=いわゆる十二単)などの装い。これらの公家装束は奈良時代の朝服に由来し平安時代に成立して以来、公家の装いとして受け継がれてきました。本展では当館が所蔵する吉川観方コレクションを中心に、公家の装束と小袖を展覧し、そこに展開された「みやび」の世界と、日本の美意識をご覧いただきます。

連携展示[ギャラリー/入場無料]:奈良の仏像海外展示報告「奈良の至宝を世界へ」


2020年10月17日(土)~12月13日(日)

特別展「ブラチスラバ世界絵本原画展  こんにちは!チェコとスロバキアの新しい絵本」

「ブラチスラバ世界絵本原画展」(BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)は、東欧スロバキア共和国の首都ブラチスラバで開催される世界最大規模の絵本原画コンクール。本展では第27回展(BIB 2019)から、スロバキアと隣国チェコの作家を中心に紹介いたします。日本との交流100年を記念し、本展では日本との交流100年を記念し、ユニークな絵本の歴史を持つ両国の作家に注目すると同時に、日本からの参加作家の原画作品なども展示いたします。

連携展示[ギャラリー/入場無料]:野迫川村による連携展示[予定]


2021年1月16日(土)~3月14日(日)

企画展「広重の名所江戸百景/併催:新収蔵品・新寄託品を中心に」(仮称)  

浮世絵風景画家として名高い歌川広重(1797~1858)晩年の代表作「名所江戸百景」を展示の中心として、同時代の浮世絵や広重の名所を描いた作品、肉筆の作品を通して広重風景画の魅力を感じていただきます。併せて、近年当館の所蔵・寄託品となった近世から近現代にかけての絵画、版画、工芸品を紹介いたします(長澤芦雪や富本憲吉、不染鉄、ヨルク・シュマイサーなど)。

連携展示[ギャラリー/入場無料]:NPO法人文化創造アルカによる連携展示[予定]