概要


美術館外観_西側

奈良県立美術館は、美術の振興を図り、県民文化の向上に資するため、 1973年3月、風俗史研究家・日本画家の吉川観方(よしかわ かんぽう) 氏が収集した江戸時代の日本画、浮世絵、各種工芸品などの寄贈を機に 開館しました。その後、由良コレクション、大橋コレクションなどがまとまって寄贈されました。 また、富本憲吉(とみもと けんきち)の近代陶芸のほか、奈良にゆかりの深い作家などの作品も随時収集し、現在の所蔵品は鎌倉時代から現代に至るまでの絵画、工芸、彫刻、書跡、風俗資料など4,100点を超えています。

  こうした収集活動と作品の調査研究を基礎として、県民のニーズに答えるために種々の展覧会を開催しています。 たとえば、1989年からエルミタージュ美術館など諸外国の美術館と国際交流美術展を開催する一方、奈良にゆかりのある展覧会も開催しています。

 また、館蔵品を中心とした展覧会において、ボランティアによる展示作品の解説するなど来館者へのサービス向上を図り、愛される美術館をめざしています。

 

沿革

昭和44年12月

県立美術館(仮称)の建設が決定し、予算措置される。

昭和45年07月

県立美術館(仮称)の基本設計を建設大臣官房官庁営繕部に委託

昭和46年03月

県立美術館の建設について県風致審議会の同意を得て、工事請負契約を締結する。

昭和47年07月

建物本体工事完了

昭和47年10月

奈良県立美術館設置条例公布

昭和47年11月

奈良県立美術館開設事務所設置

昭和48年03月

奈良県立美術館竣工式が行なわれ開館記念「富本憲吉展」を開催

昭和53年04月

美術館増築にかかる設計を委託

昭和53年07月

美術館増築について県古都風致審議会の同意を得る。

昭和53年11月

美術館増築工事について工事請負契約を締結する。

昭和54年10月

美術館増築工事完了

平成05年03月

美術館改修工事完了