橿原公苑陸上競技場

  陸上競技をはじめ、サッカー・ラグビー・ゲートボール等と多目的な競技に利用できます。
  2002年には、サッカーW杯のチュニジア代表キャンプ地にもなり、フィールドの改修・夜間照明の設置など、施設の充実を図りました。
  また、平成21年度には、トラック及びアウトフィールドの全天候型ウレタン樹脂塗装の改修工事を行い、ホーム ストレートは9コース
  となりました。
  また、写真判定装置も機器の更新を行い、バック側ストレートでの計時も可能となりました。
 

主要施設概要

 «規格»
    第2種公認 (日本陸上競技連盟公認第2種競技場) 

 «規模»
    トラック 400m 8コース(直線のみ9コース)

 «グランド仕上げ»
    トラック・アウトフィールド樹脂塗装・全天候型ウレタン、インフィールド天然芝張

収容人員  

     メインスタンド3,000人  バックスタンド2,000人

照明設備 

     1,500ルクス(45灯用照明鉄塔8基)

付帯設備 

  会議室1ヶ所(定員30名)、男女更衣室・シャワー室、放送室、医務室、役員室、トレーニング室
  事務室


  
陸上正面 試合風景