カキを中心とした果樹の新品種育成や品種選定を行っています。また、高品質・省力・生産安定技術を開発しています。
 

カキ産地リフレッシュ技術の確立

早期成園化技術

 これまでに2年以上かかっていた苗作りを1年に短縮する「幼苗接ぎ木技術」やポットで大苗にして植え付けて、同年に収穫できる「早期成園化技術」を開発しました。現在、幅広い品種に対する本技術の適応性を確認するとともに、東日本大震災で被災した福島県の「あんぽ柿」再生のための実証研究を進めています。


植え付け年に着果した苗

 

カキ新品種の育成と県内より収集した優良系統の調査

   10月下旬~11月上旬に収穫できる優良な甘柿品種がないので、栽培が容易な、県オリジナルの甘柿品種の育成に取り組んでいます。具体的には、渋柿と甘柿を交配してできた柿のうち「遺伝子解析」により甘柿と判別した個体を接ぎ木し、早期に着果させ品質評価を行っています。
 また、奈良県原産であり完全甘柿のルーツとされる‘御所柿’の有望な系統や生産者により持ち込まれた有望な枝変わり個体を接ぎ木し、果実品質の調査を行っています。

交配系統

交配系統

御所柿

御所柿

 

柿葉の安定生産のための栽培技術の確立

    柿の葉寿司は奈良県の特産品で、包み葉である柿葉は県内でも生産されています。柿葉生産園は、果実生産が困難となり、耕作が放棄された園地を転換して利用します。しかし、果実生産用の樹をそのまま柿葉生産に用いると作業性が劣る上、包みやすい大きな葉があまりとれず収益が上がらないという問題があります。そこで、柿葉生産に適した仕立て方や、栽培方法等について調査を行っています。

柿の葉寿司

柿葉を利用した伝統食・柿の葉寿司

 

柿葉

左:柿の葉寿司用の大きな葉
右:果実生産用樹の一般的な葉

柿葉ほ場
柿葉生産ほ場


ハウス柿の凹凸果の原因究明

    ハウス柿は国内第1位のシェアを誇る、奈良県の主要品目の一つです。収穫期近くになると果実の表面が凹凸になり(「凹凸果」)、果肉には褐斑を生じて、品質が低下するものが発生します。これまで、高温が原因と考えられてきましたが、その他複合的な要因が関与している可能性があることから、この障害の原因究明と軽減技術について検討しています。

 凹凸果断面 凹凸果

 

カキの重要病害虫の発生生態と防除

   平成27年に大発生したチャノキイロアザミウマの被害は、主に‘刀根早生’などの渋柿の果皮に帯状の模様が出ます。粘着トラップを用いた発生源の探索や発生消長の調査を行い、増加要因の解明を行っています。また、発生ピーク予測に基づいて防除適期を検討し、確実な防除を実施できるように調査を行っています。

チャノキイロアザミウマ
チャノキイロアザミウマ

チャノキイロアザミウマ被害果
チャノキイロアザミウマ被害果

粘着トラップ

 粘着トラップによる
発生源・発生消長の調査

 

イチジクの安定生産技術の開発

本県のイチジクは県北西部中心に産地があり、国内第7位のシェアとなっています。露地栽培が主体ですが、単価の高い6月出荷のためには施設栽培が必要です。しかし、ビニルを被覆したままにすると高温障害が出ますし、被覆を除去すると梅雨時期の降雨により品質が悪化して、安定生産の妨げとなっています。そこで、イチジクの生理障害について発生条件の解明や対策技術の開発に取り組んでいます。

 イチジク

イチジクハウス