薬草の栽培に関する研究

    薬用作物の新品種育成や品種選定を行っています。また、高品質・省力・生産安定技術を開発しています。

抽苔しにくい優良品種の育成

 薬用植物ヤマトトウキは、乾燥した根が多くの漢方薬に使われています。しかし、栽培中に花が咲くと根が固くなって出荷できなくなってしまいます。そこで、花が咲きにくく栽培しやすい優良品種の育成に取り組んでいます。

トウキの花

         

トウキ優良品種

 花が咲きやすい     花が咲きにくい

 

実需者の求める高品質な薬用作物生産技術の開発

 薬用植物は根の形状などの品質によって価格が変わります。そこで、水分や肥料分などの品質に影響を与える要因について検討するとともに、高品質栽培技術の開発を目指しています。

        高品質生産技術開発の図

単味製剤原料向けトウキの省力栽培技術の開発

 抽出物を利用するエキス製剤では、原料となる薬用作物の外観品質や1株あたりの重量はあまり重視されません。そこで、そのような用途に特化した省力栽培技術の開発に取り組んでいます。

単味エキス製剤