奈良県立医科大学附属病院

所在地 〒634-8522
奈良県橿原市四条町840番地
開設者名 公立大学法人奈良県立医科大学
病院長 古家 仁
病床数 992床
マッチング利用 参加
問合せ先 臨床研修センター(0744-22-3051 内線2395)
TEL 0744-22-3051
FAX 0744-22-0043
URL http://www.naramed-u.ac.jp/hospital/
e-mail akiko-yamada@naramed-u.ac.jp

外観写真

  • 病院情報
  • 初期研修情報
  • 初期研修医・応募・待遇情報
  • インタビュー

初期研修情報2-1

研修管理責任者 臨床研修センター長  赤井 靖宏(地域医療学講座教授)
プログラムの特色 ・プライマリケアを中心とした基本的な診療能力を身につける。
・高度で先進的な医療を経験することによって、幅広い臨床研修を受けることが出来る。
当院の臨床研修プログラムは、「プログラムA」と「プログラムB」に大別されるが、別に産婦人科医養成に特化した「プログラムC1」、小児科医養成に特化した「プログラムC2」を設けている。
プログラムAは、基本的には当院において2年間研修を行うプログラムである。プログラムBは、当院において1年間、協力型臨床研修病院において1年間研修を行うプログラムで、1年目に当院から研修を開始するコースであると、1年目に協力型臨床研修病院から開始するコースがあり、研修医の選択に任されている。
選択するプログラムにより研修病院が異なるものの基本的なプログラムの内容は、1年目には必修である内科6ヶ月、救急部門3ヶ月を履修し、残り3ヶ月については選択必修(5科)または、その他の選択科を履修するのかは研修医に委ねられている。
2年目の1ヶ月間は必修科目となっている「地域医療」を履修することとなる。
研修プログラムの運営にあたっては、臨床研修センターを設けて、全ての研修医に対して公平で一貫した臨床研修を提供する体制を整備した。勉強会、症例検討会などを主催するとともに、研修医との意見交換を通じて、日々の研修をサポートする。
プログラムの目標  本プログラムは、医師となった初期教育において重点的に生涯教育に必要な「自ら考え問題を解決していく能力」を養い、「人格を涵養する」ことを基本理念として、将来の専門性に関わらず、患者を全人的に診ることができるように、日常診療でしばしば出会う病気や病態に適切に対応できるよう基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身につけることを目的とする。
臨床研修を通じて、指導医の指導の下で科学的根拠に基づいた医療を実践するとともに、患者と家族並びに医療スタッフなどとのコミュニケーションを大切にする態度を養い、安全な医療を行うための基本姿勢を習得することを研修目的とする。
また、当院の臨床研修プログラムに参加することにより、プライマリケアをはじめとした様々な基本的診療能力をより効率的に習得し、一方で高度先進医療にも携わることにより、確かな将来展望を持つ医師を目指すことができる。
カンファレンス
特徴・内容
カンファレンスの実施状況
・週一回の「CPC検討会」
・随時開催 研修医向け 各診療科の指導医による勉強会
・ローテート時、各診療科単位で行われる症例検討会 等
奈良県立医科大学附属病院
研修プログラムA
(単独型プログラム)
基本的に当院を単独でローテートする研修コース
募集人員 42人
プログラムA
奈良県立医科大学附属病院
研修プログラムB
(たすきがけプログラム)
当院と協力型研修病院でローテートする研修コース
募集人員 15人
プログラムB
奈良県立医科大学附属病院
研修プログラムC1
(産婦人科特別プログラム)
当院を中心に産婦人科に特化した研修コース。下記のC2とともに後期研修に繋がる内容を盛り込む。
募集人員 2人
プログラムC1
奈良県立医科大学附属病院
研修プログラムC2
(小児科特別プログラム)
当院を中心に小児科に特化し、2年目には地域の関連病院での小児科を含んだ研修コース。
募集人員 2人
プログラムC2

初期研修情報2-2

2年間のローテション 科目 履修期間 該当診療科
必修科 内科 24週間 循環器内科、腎臓内科、呼吸器・アレルギー・血液内科、消化器・内分泌代謝内科、神経内科、総合診療科
救急部門 12週間 救急科履修8週間に加え、ER当直・内科宿当直を4週間と見なす。
外科 4週間 消化器外科・小児外科・乳腺外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、整形外科、泌尿器科、耳鼻咽喉・頭頸部外科
小児科 4週間 小児科、NICU
産婦人科 4週間 産婦人科
精神科 4週間 精神科
地域医療 1ヶ月 地域医療受入れ医療機関
(地域の第一線の病院・診療所における、専ら外来診療・在宅診療を中心とした研修)
選択科
該当診療科の
中から選択
感染制御内科、眼科、皮膚科、形成外科、放射線・核医学科、放射線治療科、病理診断科、総合周産期母子医療センター、中央臨床検査部、糖尿病センター、脳卒中センター、栄養管理部、総合受付
奈良県立医科大学
附属病院
Bプログラム
(たすきがけ)
で履修可能な病院
1年次又は
2年次履修可
済生会御所病院、済生会奈良病院、奈良県総合医療センター、国保中央病院、奈良県西和医療センター、済生会中和病院、宇陀市立病院、市立東大阪医療センター、大和高田市立病院、市立奈良病院、大阪府済生会吹田病院、ベルランド総合病院、南奈良総合医療センター
1年次に履修可 八尾市立病院、JCHO大阪病院、医真会八尾総合病院、多根総合病院
2年次に履修可 高の原中央病院、大阪暁明館病院、JCHO星ヶ丘医療センター

現在の研修状況と進路

現在の研修医人員 1年次 52名 / 2年次 59名
研修医の
主な出身大学
奈良県立医科大学、旭川医科大学、秋田大学、福井大学、京都府立医科大学、近畿大学、大阪医科大学、関西医科大学、鳥取大学、島根大学、高知大学、産業医科大学、大分大学、琉球大学
研修終了後の進路 奈良医科大学附属病院、奈良県総合医療センター、奈良県西和医療センター、南奈良総合医療センター、大和高田市立病院、済生会中和病院、国保中央病院、近畿大学奈良病院、八尾市立病院、大阪はびきの医療センター、市立東大阪医療センター、近畿大学病院、大阪医療センター、多根総合病院、大阪医科大学附属病院、浅香山病院、洛和会音羽病院、富山大学附属病院、倉敷中央病院(過去3年間)

メッセージ

指導医からの一言  当院は、高度な専門性を持つ先進医療を担当しつつ、県中部・南部を主な医療圏とする地域中核病院として機能しています。
 当院では、卒後臨床研修センターが中心になって、研修医本位の研修ができるようにカリキュラム策定されています。
 当院の臨床研修は、大学病院の高度先進医療とプライマリ・ケア医療を同時に体験できること、十分な研修指導体制の下で多くの手技が習得できること、多数の科の協力のもと、論理的な診断治療が学べることが特徴です。
研修医から一言
(木下 博貴)
 奈良医大で研修を開始して1年ほどたちますが、まず思うことは、この病院を選んでよかったという実感です。
 私が病院を選ぶにあたって一番重視したのが、「common diseaseから専門的な疾患まで幅広く経験できる」ということでした。奈良医大はこの点においてバランスの取れた病院です。例えば、救急救命においてERと三次救急が両方存在する為、1~3次までの救急疾患を幅広く経験することができます。また、大学ならではの複雑な症例に関しては、カンファレンスを通して上級医や指導医の先生の十分なバックアップの元、診断から治療に至るまで研修医が主体的にかかわることができる研修体制となっています。
 2年間の研修科目選択に関しても自由度が非常に高く、自分の好きな科を選択して研修することができるのも魅力の一つとなっています。
 また、臨床だけでなく学会発表などアカデミックにも力を入れており、希望さえあれば、しっかりとした指導医のバックアップの元、様々な学会で発表を経験することができます。
 そして、私が一番良かったと感じた点は、当院の雰囲気の良さです。私は他大学から当院に研修に来ましたが、自分が他大学から来たことを忘れてしまうくらいアットホームな雰囲気の中で研修させていただいています。こればかりは、文字では伝わらない良さだと思いますので、興味がある方はぜひ見学に来てください。

臨床研修病院一覧へ戻る