「土木工事安全施工技術指針」の改定について

 

「土木工事安全施工技術指針」とは

・「土木工事安全施工技術指針」は、土木工事の安全施工についての一般的な技術的内容を示したものであり、
 平成21年の改定以降、8年ぶりの改定を実施。

今回改定の主な内容

①熱中症対策として「高温多湿な作業環境下での必要な措置」の項目を新設。

②改正労働安全衛生規則の平成28年1月施行を受けて、「ロープ高所作業における墜落防止措置」の項目を新設。

③平成28年4月と5月に発生した、新名神高速道路 有馬川橋橋桁落下事故・余野川橋ベント転倒事故を踏まえ、
 橋梁工事(架設工事)における「受架台の支持・転倒・滑動に対する安全性の照査」の項目を新設。


                                              など


土木工事安全施工技術指針

◆本改定は、平成29年5月15日から適用しています。

お問い合わせ

技術管理課
〒 630-8501 奈良市登大路町30

お問い合わせフォームはこちら

建設リサイクル法


総務係 TEL : 0742-27-7613
土木検査係 TEL : 0742-27-7607
土木積算情報係 TEL : 0742-27-7607
建築技術係 TEL : 0742-27-7613
品質管理グループ TEL : 0742-27-7608