出会う 奈良県歴史文化資源データベース

條ウル神古墳 じょううるがみこふん

記入年月日 2016/11/09

横穴式石室の写真
所在地
御所市大字條地内
区分
遺跡 | 古墳
指定内容
国指定史跡(予定)

※各歴史文化資源へのご訪問の際は公開日・公開時間・料金等を別途ご確認ください。

歴史文化資源の概要
巨勢山丘陵から北に延びる丘尾を切断して築造された墳長約70mの前方後円墳で、前方部は南面しています。6世紀後葉の築造で最終末の前方後円墳です。石室開口部付近を中心に埴輪の使用が認められます。後円部の横穴式石室は石舞台古墳に比肩する最大級の規模で、二上山白色凝灰岩製の家形石棺も最大級です。石室は未調査ですが、一部知られる状況からすると、遺物の残存状態は良好と見られ、国宝・重要文化財級の遺物の出土が確実視されています。
また、試掘調査により前方部にも埋葬主体があることが知られました。
地域にとって大切な歴史文化資源である、その理由
規模、内容共に市にとって最も重要な遺跡の一つです。
「記紀・万葉集」との関連とその概要
被葬者は巨勢氏の盟主。被葬者の候補として複数の人物が知られるので特定はできません。
当資源と関連する歴史上の人物とその概要
巨勢氏
当資源と関連する文献史料
古事記、日本書紀
他地域の関連する歴史文化資源
新宮山古墳、樋野権現堂古墳、水泥北古墳、水泥南古墳、、條池南古墳(巨勢山640号墳)、市尾墓山古墳、市尾宮塚古墳
問い合わせ先
御所市教育委員会文化財課
電話番号
0745-60-1608

掲載されております歴史文化資源の情報は、その歴史文化資源が地域にとって大切であると考えておられる市町村、所有者、地域の方々により作成いただいたものです。
見解・学説等の相違については、ご了承ください。