国際交流員の紹介

奈良県外国人支援センターでは、JETプログラムにより招致した国際交流員(CIR)が勤務しています。

○国際交流員(通称:CIR)とは

JETプログラムにより招致された外国青年であり、日本国内の地域レベルでの国際化や国際理解の推進のために地方自治体等に配属されている。


※JETプログラムとは、「語学指導等を行う外国青年招致事業」(The Japan Exchange and Teaching Programme)の略称で、地方公共団体が総務省、外務省、文部科学省及び財団法人自治体国際化協会(CLAIR)の協力の下に実施している。参加者の職種は、小学校・中学校や高等学校で語学指導に従事する外国語指導助手(ALT)、地域において国際交流活動に従事する国際交流員(CIR)及び地域においてスポーツを通じた国際交流活動に従事するスポーツ国際交流員(SEA)がある。


○国際課に勤務する国際交流員(韓国・フランス・アメリカ
の紹介は → こちら


外国人支援センターに勤務する国際交流員の紹介です。
NOLA LACEY(ノラ レイシー

写真
カナダ オンタリオ州 トロント 出身
2009~2010年 立教大学 留学
2012年 トロント大学でアジア研究を専攻、2012年卒業
2013年 トロント大学でTESOL(英語教師)の資格取得
2014年 カナダ社内弁護士協会で国内会議事業を担当
2015年~2021年 オンタリオ州弁護士会で勤務
2020年~ グロービス経営大学院で経営学を専攻、パートタイムで在学
2021年 奈良県外国人支援センターで勤務
趣味:歌うこと、ライブ、漫画、ゲーム、カフェ巡り


こんにちは!カナダのトロントから参りました、ノラ レイシーと申します。
2021年11月から奈良県外国人支援センターで勤務しています。
カナダのバンクーバーで生まれ、トロントで育ちました。カナダは大自然と大都市が調和する国です。また、国民は多様性があるため色々な国の食や文化、祭りを楽しめます。寿司ピザがトロントの名物です!
子どもの頃から日本のポップカルチャーに興味を持ち、高校生になってから日本語を勉強し始め、夏休みに日本の交換留学に参加しました。大学2年生の頃に日本に1年間留学しました。留学期間は、ライブハウスを巡って日本のアーティストを発見することを楽しんでいました。将来、世界中に日本文化を広げていきたいと思います。
この度は自然が豊かで日本の歴史を感じられる奈良県に来られとても嬉しいです。
奈良県外国人支援センターでの活動を通して、異文化理解の手助けができればと思います。
よろしくお願いいたします。