奈良県私立高校生等奨学給付金制度について

令和5年度奈良県私立高校生等奨学給付金

 ※以下の内容は、令和5年度の制度概要と案内です。(令和5年度の募集は終了しました。)

 

 奈良県では、すべての意志ある高校生等が安心して教育が受けられるよう、授業料以外の教育費負担を軽減するため、高校生等がいる低所得世帯を対象に「高校生等奨学給付金」を支給します。

 

1.制度の概要

 対象となる世帯、支給時期と支給額、申請に必要な書類等については、以下のリーフレット及びチェックシートをご覧ください。

〇 リーフレット(pdf 769KB)

  

※(参考)住民税の所得割額が非課税であることの確認方法

○課税証明書の場合

 道府県民税・市町村民税の所得割額が0円(もしくは空欄)であること。

 
 県民税  市民税  
   所得割(額)  0円   0円   
 

 均等割(額)

 2,000円   3,500円   

 

○特別徴収税額の決定(変更)通知書の場合 

 道府県民税・市町村民税の所得割額が0円(もしくは空欄)であること。

 

 税額控除前所得割額(4)  0     
 

 税額控除額(5)

 0     
 

 所得割額(6)

 0     
   均等割額(7)   0     
 

 税額控除前所得割額(4)   0      
   税額控除額(5)  0     
   所得割額(6)  0     
   均等割額(7)  0     
 

 

令和6年度新入生への前倒し支給について

 奈良県では、すべての意志ある高校生等が安心して教育を受けられるよう、授業料以外の教育費負担を軽減するため、

高校生等がいる低所得世帯を対象に「高校生等奨学給付金」を支給します。

 希望する新入生の保護者等については支給額の一部(3か月分)を前倒しで受給できることとしていますので、
希望する場合は申請を行ってください。

 今回の前倒し支給を希望しない場合でも、7月に募集する通常の支給申請を行うことで、支給額の全額(12か月分)を
受給することができます。

 前倒し支給(3か月分)を申請した場合でも、残額(9か月分)については7月にもう一度申請する必要があります。
一度の申請で年額(12か月分)を受給されたい場合は、7月の通常分に申請してください。 

令和5年度家計急変世帯への支援について

※以下の内容は、令和5年度の制度概要と案内です。(令和5年度の募集は終了しました。)

 

 新型コロナウイルス感染症の影響などで、保護者等の収入が大幅に減少するなど 家計が急変し、非課税世帯に相当する世帯を支援します。

 制度周知チラシ(pdf 584KB)

  

◆1.家計急変世帯への支援の概要

 対象となる世帯、支給時期と支給額、申請に必要な書類等については、以下のリーフレットをご覧ください。

 家計急変リーフレット(pdf 2361KB)