奈良県森林CO2吸収量認証制度について

制度の概要

 奈良県では、森林づくり活動を行う企業やボランティア・NPO等の団体が実施した森林整備による二酸化炭素の吸収量を数値化し、認証する制度を実施しています。

 

 

1 認証制度の目的

 企業やボランティア・NPO等による森林づくり活動の拡大を図り、地球温暖化防止など森林の多面的機能の持続的発揮を目的としています。

 

 

2 認証の手順

 申請内容にもとづき現地検査を行い、県が認証書を発行します。

 

tejun

 

 

3 認証制度のメリット

 社会貢献の証として広報活動に広く活用することで、企業や団体のイメージアップにつなげることができます。ただし、認証書は第三者への譲渡又は貸与はできません。

 

 

4 認証の対象

 対象者:森林整備を実施した企業・自治体・ボランティア・NPO等の団体
 対象となる森林:県内に所在する森林法第2条に規定する森林(箇所あたり0.1ha以上)
 対象となる整備内容:植栽、下刈・林内整理、除間伐、枝打ちなどの森林整備

           (実施要綱 別紙1の基準を満たすもの)

 

 

5 申請方法

 認証を受けようとする方は、申請様式に必要書類を添付の上、森林計画係へご提出ください。

 

※ 申請期間は定めていませんが、書類審査・現地確認に一定時間を要しますので年度末(3月)に申請を予定されている場合は事前にご連絡をお願いします。

 

 

6 要綱・様式等

 

 申請様式(Word42KB)
 奈良県森林CO2吸収量認証制度実施要綱 (PDF103KB)様式(PDF107KB)
 奈良県森林CO2吸収量算定基準 (PDF76KB)
 奈良県成長量表(別表第1)・係数表(別表第2)(PDF91KB)
 制度概要 (PDF1065KB)