奈良高等学校SSHのページ

けいはんなサイエンスフェスティバル2022の開催について

けいはんなSSHサイエンスフェスティバル2022が開催されました

奈良県立奈良高等学校SSH事業の連携校やけいはんな地区の児童、生徒、教員、市民が、科学に親しむ機会とするとともに、学び合う場として「けいはんなサイエンスフェスティバル2022」を2022年11月12日(土曜日)に開催されました。多くの生徒が日頃の研究の成果を互いに発表し、次のステップにつながる機会となりました。大学、企業等、多くの方々のアドバイスもいただきました。今後の研究の充実を期待しています。

 

                    詳しくは奈良高校HPへ

平成24年からスタートしたまほろば・けいはんなSSHサイエンスフェスティバルは、「けいはんなサイエンスフェスティバル」として内容もさらに充実し、多くの学校からの研究が集まり開催されました。

奈良高等学校が立ち上げた「けいはんなSSネットワーク」は、京都府・大阪府・奈良県の理数系探究活動の活性化を促す教育プログラムを大学・企業等・教育関係機関と連携して実践するネットワークで、現在県内16校に加えて京都と大阪の22校、計38校のおよそ460名が参加しています。この「けいはんなSSネットワーク」に参加する学校が中心となって発表する機会となっています。

奈良高等学校は、平成16年度より文部科学省スーパーサイエンスハイスクール

SSHに指定されています。

   (奈良高校SSH事業概要図)