高校教育

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)

県立高校では、 奈良高等学校 青翔高等学校・青翔中学校が文部科学省から指定を受けています。 
・科学技術振興機構(JST)の支援・協力のもとに、ハイレベルな科学について学んでいます。
・大学や企業、研究室と連携し、研究室で研究を行ったり、大学生、教授等の研究者から直接指
導を受けたりして先端科学について学び、研究者としての基礎をつくります。
・海外校との交流や海外の研究室との連携を通して、世界で活躍する科学技術系人材を育成します。
・研究の成果を地域の小・中・高校に発表会等を通して普及活動を行い、地域全体の理数教育の発展に貢献します。

                                   

nara01         nara02

  (奈良高等学校のHPへ)       (奈良高等学校SSHのページへ) 


seisho01         seisho02

(青翔高等学校のHPへ)      (青翔高等学校SSHのページへ)

 

 

 

奈良県理数教育のイメージ図

 

 

 奈良県高等学校文化連盟では、17の部会(合唱、吹奏楽、器楽、日本音楽、マーチングバンド、バトントワリング、演劇、書道、美術・工芸、写真、放送、囲碁、将棋、小倉百人一首かるた、吟詠剣詩舞、郷土芸能、弁論)が、それぞれ文化活動を行っています。奈良県高等学校総合文化祭は、その全ての部会の発表、展示や競技を県内各会場で行う文化祭です。

 総合発表では、日頃別々に活動している全部会が一緒になって、一つの発表会をつくりあげます。

(今年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、観覧については関係者のみとしています。)

  第36回奈良県高等学校総合文化祭

 「奈良県産業教育フェア」は、中学校の技術・家庭や、県内高等学校の農業科・工業科・商業科・家庭科・看護科・情報科・福祉科で学んでいる生徒の研究・体験発表や、作品展示等が行われるイベントです。社会参加・交流の一環として特別支援学校の生徒も参加しています。また会場内では、中学生や保護者の方を対象とした進路相談や受験の参考になる資料配布も行っています。

 どなたでも無料で入場していただくことができますので、ぜひお越しください。

  第30回奈良県産業教育フェア

報道資料

令和3年11月3日(水曜日)
10時00分~16時00分
イオンモール橿原
入場無料

<過去の奈良県産業教育フェアのポスター>

科学の甲子園 奈良県大会

 高校生が、数学、理科、科学技術等の知識、技能を用いて、日常生活と関連付けながら科学的に問題を解決する力を培うとともに、互いに切磋琢磨して、科学技術等に対する興味・関心、意欲、能力を高めることを目的とします。

 

令和3年度大会の結果(令和3年11月14日開催)

県内の高等学校11校が参加し、1チーム6名で協力し合って筆記競技、実技競技に取り組みました!

 

1位 東大寺学園高等学校

2位 県立奈良高等学校

3位 県立畝傍高等学校

 

※1位の東大寺学園高等学校には、令和4年3月18~21日開催の全国大会に奈良県代表として出場していただきます。