馬見古墳群と馬見丘陵公園

馬見丘陵は、香芝市・広陵町・河合町など2市3町に跨る標高70m程度の低い丘陵地で、南北約7km・東西約3kmの区域です。また、丘陵一帯は馬見古墳群のエリアで、古墳の集積地となっています。

昭和40年代後半より丘陵西部では真美ヶ丘や西大和ニュータウンなどの大規模宅地開発が始まりましたが、丘陵東部に位置する馬見丘陵公園は、これらの開発から自然や古墳群を保全するため、昭和59年8月に都市公園(広域公園)として計画決定し、同年度より公園事業に着手しました。

馬見古墳群は奈良盆地における佐紀盾列古墳群、大和柳本古墳群と並ぶ大和3大古墳群の1つで、4~5世紀に築造されたものが多く、250基を超える大古墳群です。
馬見古墳群の一画にある当公園内には、池上、乙女山、倉塚、ナガレ山、別所下、狐塚古墳などの多くの古墳が保存され、このうちの2箇所が史跡指定されています。

馬見丘陵公園の古墳について詳しくはリーフレットをご覧ください。
各種ダウンロードページへはこちらから

公園内外に見られる古墳群

 

表1 主な古墳等の概要

No. 史跡名称 形式 墳丘長(m) 築造時期 備考
1 池上古墳 帆立貝式古墳 92 5世紀前期
2 乙女山古墳 帆立貝式古墳 130 5世紀前期 国指定史跡
3 倉塚古墳 前方後円墳 180 5世紀前期
4 一本松古墳 前方後円墳 130 5世紀後期
5 別所下古墳 円墳 60 4世紀後期
6 ナガレ山古墳 前方後円墳 105 5世紀前期 国指定史跡
7 巣山古墳 前方後円墳 220 4世紀末 国指定特別史跡
(公園区域外)
8 狐塚古墳 帆立貝式古墳 86 5世紀前期
9 三吉2号墳 帆立貝式古墳 90 5世紀後期
10 タダオシ古墳 前方後円墳 48 5世紀前後
11 文代山古墳 方墳 48 5世紀後期 (公園区域外)
12 カタビ古墳群 円墳など 20など 5世紀中期など 4基の古墳で構成
13 馬見二ノ谷遺跡 旧石器時代
古墳分布図
池上古墳 乙女山古墳 カタビ古墳群 別所下古墳 ナガレ山古墳 文代山古墳 一本松古墳 倉塚古墳 狐塚古墳 巣山古墳 三吉2号墳 ダダオシ古墳 馬見二ノ谷遺跡