公園の花々

ダリア園


奈良県は、ダリアの球根生産量が日本一です。
当公園のダリア園では秋になると、約120品種1,000株のダリアが一斉に咲き誇ります。
花の大きさが30~40cmにもなる「エモリーポール」をはじめ、草丈が4~5mもの高さになる「皇帝ダリア」、奈良県内で作出された「奈奈」など、さまざまな種類を楽しめます。
ダリア園の見頃は例年、10月上旬から11月上旬にかけてです(皇帝ダリアは11月中旬から12月上旬です)。
また、ダリアの開花シーズンには「馬見フラワーフェスタ」を開催しています。

ダリア園

 

 皇帝ダリア 
皇帝ダリア

 大銀河   ミッドナイトムーン   かたえくぼ   桜の華 
大銀河 ミッドナイトムーン かたえくぼ 桜の華
 ムーンワルツ   黒蝶   榛原の里   奈奈
ムーンワルツ 黒蝶 榛原の里
(奈良県内で作出)
奈奈
(奈良県内で作出)

※年度により植え付け品種が異なる場合があります

 

 

菖蒲(しょうぶ)園


約3,000平方メートルの敷地に、約100品種3万株が群生する花菖蒲園です。
例年、5月下旬頃から咲き始め、6月いっぱいまで花を楽しむことができます。
見頃となる6月上旬には、「馬見花菖蒲まつり」を開催しています。


うまみはなしょうぶ 

 


バラ園


中央エリアの「花の道」にはバラ園があり、初夏と秋の2回、満開のバラを楽しめます。
約1,000平方メートルの敷地に、26品種、約500株のバラがあります。
四季咲きのバラを植えていますので、長い期間咲き続けています。


バラ園 

 


馬見花苑

北エリアにある「馬見花苑」は、「集いの丘」のなだらかな斜面を利用した大花壇です。
マリーゴールドやサルビア、ペチュニア、パンジーなどの四季折々の草花を楽しめます。
春の馬見花苑はチューリップが一面に咲き誇り、見応えがあります。


馬見花苑



※写真は秋の馬見花苑の様子です        

チューリップ


北エリアの「大型テント」前から、中央エリアの「カリヨンの丘」にかけて、35万本以上のチューリップが咲き誇ります。見頃は4月中旬で、ムスカリやパンジー、ネモフィラなども一緒に楽しめます。
チューリップの開花に合わせ、「馬見チューリップフェア」を開催しています。


チューリップ

中央エリア 花の道
 

チューリップとネモフィラ

北エリア 集いの丘

ヒマワリ


北エリアの「集いの丘」「馬見花苑」「彩りの広場」、中央エリアの「花の道」「カリヨンの丘」、南エリアの「花畑」に、10万本以上のヒマワリが咲きます。
見頃は8月上旬で、開花に合わせ、馬見ひまわりウィークを開催しています。

南エリア 花畑

コスモス(秋桜)


馬見フラワーフェスタを開催する10月上旬~中旬には、園内各地で約10万本のコスモスが咲き乱れます。


コスモス

中央エリア 芝生の丘(公園館)

花の道のコスモス

中央エリア 花の道


 

公園にはソメイヨシノのほか、16種、約1,000本の桜を植えてあります。
カワヅザクラ(河津桜)のように3月上旬から咲き始めるものから、4月下旬に咲くナラノヤエザクラまで長い期間楽しめます。
お花見の定番であるソメイヨシノは、例年4月初旬に咲きます。お花見をするのなら、中央エリアの「古墳の丘」「だんだん広場」「陽だまり広場」、北エリアの「集いの丘」がおすすめです。

睡蓮の池の桜

中央エリア 睡蓮の池(だんだん広場)
    

桜とユキヤナギ

中央エリア 陽だまり広場