現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 福祉医療部
  4. 長寿・福祉人材確保対策課
  5. 介護職員初任者研修(ホームヘルパー)について
印刷用ページ表示 印刷する |

介護職員初任者研修(ホームヘルパー)について

介護職員初任者研修課程についてはこちら

基礎研修課程、ホームヘルパー1、2級についてはこちら

(※)参考:その他の介護に関する資格・制度などについてはこちら
     ・介護福祉士(厚生労働省等)
     ・ホームヘルパー実技指導養成研修(長寿社会開発センター)
     ・介護プロフェッショナルキャリア段位制度(一般社団法人 シルバーサービス振興会)

【研修実施事業者の方へ】

  介護員養成研修を開催するには、奈良県介護員養成研修(介護職員初任者研修課程)事業者指定要綱に基づく指定申請書類を提出し、知事の指定を受ける必要があります。

  研修事業者として指定を受けようとする場合
  
指定にかかる手続き及び提出書類については、
    
指定申請についてをご覧下さい。
   提出期限は、受講生募集開始日より60日前までです。

  指定事業者が新たに研修を行う場合
   手続き及び提出書類については、
     実施計画届出について
をご覧下さい。
   提出期限は、受講生募集開始日より30日前までです。

○  研修の内容等に変更が生じた場合
  
手続き及び提出書類については、
     変更届出書について
をご覧下さい。
     提出期限は、変更を加える日の10日前までです。  

○  研修が終了し、実績報告を行う場合

     手続き及び提出書類については、
   実績報告書についてをご覧下さい。
     提出期限は、研修修了日から60日以内です。

○  その他の様式を提出する場合(事業の休廃止、再開の届出など)
     その他の様式については、こちらをご覧下さい。

 

 

【介護の仕事に従事したい方へ】

 

  へルパーとして介護の仕事をするには、介護福祉士又は介護員の資格が必要です。 
 介護員になるには、都道府県知事の指定する事業者が実施する、介護員養成研修
 (介護職員初任者研修課程)を修了する必要があります。

○ 研修実施事業者の一覧はこちら
   実施事業者一覧()(pdf 124KB)

  
 (※)研修の申込方法、具体的な内容等については各実施事業者にお問い合わせ下さい

 

【研修科目の免除について】 

 

  
・看護師・准看護師の方や、これまでに介護員養成研修(介護職員基礎研修課程、
 訪問介護員1級及び2級課程)等を修了されている方は、研修課程が免除されます。


・それぞれの免許証、研修の修了証明書等をもって
 研修の修了証明書に代える扱いとし、 改めて証の発行は行いません。
 詳細については、以下の要綱第8条をご覧下さい。

 
奈良県介護員養成研修(介護職員初任者研修課程)事業者指定要綱
  

 

【修了証明書の再発行手続きについて】

 

 

 

 
 奈良県知事名にて介護員養成研修(介護職員基礎研修課程、訪問介護員1級、
2級及び3級の各課程)の修了証明書の交付を受けている方は、申請により修了証明書の再交付を受けることができます。

(例)交付を受けてから氏名が変更になった場合
   修了証書あるいは修了証明書を紛失した場合
 
※ 奈良県知事名以外で交付を受けた方の手続きについては
    交付を受けた事業者にお問い合わせください。
  
  
         必要書類等

  ・ 再交付申請書(pdf 11KB)
  ・ 奈良県収入証紙 500円
  ・ 切手120円分(持参、もしくは郵送)

  ・(氏名変更の場合のみ)

    修了証書または修了証明書

    戸籍抄本等、氏名変更を確認できる公的書類