はじめての万葉集

 







 「巻向」は現在の桜井市で三輪の北方にあたります。今も箸墓をはじめとする古墳や、垂仁(すいにん)天皇の纒向珠城宮(まきむくのたまきのみや)跡伝承地などが存在し、古代を偲ばせます。
 JR万葉まほろば(桜井)線の巻向駅から東へ進むと、景行(けいこう)天皇の纒向日代宮(まきむくのひしろのみや)跡伝承地や穴師坐兵主(あなしにいますひょうず)神社があります。このあたりを今「穴師」といいます。ただし右の歌にあるように『万葉集』では「痛足」(写本によっては「病足」とも)と表記されています。「痛足の川」は巻向川が穴師付近を流れる際の呼称であると考えられています。例えば上流を吉野川といい、下流を紀ノ川というように、同じ川の流れであっても場所によって名称が変わるためです。
 この歌は痛足川(穴師川)を流れる水が絶えないように、絶え間なくこの川を見続けよう、と痛足川を褒め称えています。実は『万葉集』にはこれとよく似た歌があります。それは「見れど飽かぬ吉野の河の常滑(とこなめ)の絶ゆることなくまた還り見む」(巻一の三七番歌)で、吉野行幸の時に柿本人麻呂が詠んだ歌です。こちらは吉野川を褒め称えた内容となっています。
 「柿本朝臣人麿歌集」は『万葉集』より古い歌集で、柿本人麻呂によって編纂されたと思われていますが、残念ながら現存しません。『万葉集』を見る限り、この歌集には巻向を詠んだ歌が他にもいくつかあります。巻向から北へいった天理市の櫟本を柿本人麻呂の出身地とする伝承がありますが、それと考えあわせると想像が膨らみますね。
(本文 万葉文化館 小倉久美子)


 桜井市の北部、JR巻向駅周辺にひろがる纒向遺跡は、初期ヤマト政権発祥の地と考えられています。また、邪馬台国(やまたいこく)の大和説最有力候補地でもあります。周辺には、纒向石塚古墳をはじめとする史跡纒向古墳群や、卑弥呼の墓説もある箸墓古墳などが点在しています。古代へ誘(いざな)う風景を訪ねて巡り歩いてみませんか。


纒向遺跡


箸墓古墳


アクセス
JR万葉まほろば線巻向駅下車 西へ約500m
問 県広報広聴課
TEL 0742-27-8326
FAX 0742-22-6904
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設、コンビニエンスストアにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら