介護サービス施設・事業所に対する指導監査について

 監査二係では、介護保険法に基づき、介護給付等対象サービスの質の確保及び保険給付の適正化を図ることを目的として、介護サービス事業者等に対する指導監査を実施し、必要な措置を行っています。

指導監査の種類

指導

集団指導
 介護サービス事業者を一定の場所に集めて講習等の方法により行います。
  • 講習方式・・・健康福祉部長寿社会課が新規指定事業所を対象に実施します。
  • 面談方式・・・主として居宅サービス事業所を対象とし、個別に面談方式で実施します。
実地指導

 介護サービス事業者の事業所において見学や聴取り等の方法によりに行います。

監査

実地監査

 介護サービス事業者の事業所において実地に行います。なお、報告や帳簿書類の提出を命じたり、出頭を求めて行う場合もあります。

書面監査

 平成20年度~平成24年度の間に、営利法人の運営する介護サービス事業所に対して書面により行いました。

関係資料

 

参考情報

 

指導を受ける事業所の方へ

 集団指導(面談方式)または実地指導を実施する場合は、法人等の代表者あてに、指導日時・指導場所等を、監査指導室より事前に通知します。
 指導にあたっては、提出資料(事前提出資料及び各種加算等自己点検シート)のご準備をよろしくお願いいたします。

 提出資料の様式はこちらからダウンロードしてください。

 

介護サービス事業者に対する業務管理体制の確認検査について

 監査二係では、介護保険法に基づき、介護サービス事業者に対して業務管理体制の確認検査を実施しています。

 平成21年の介護保険法改正により、介護サービス事業者には、法令等の自主的な遵守のための業務管理体制を整備し、届出を行うことが義務づけられました。
 奈良県では、その届出の内容に合致する適切な運営状況を確認するために、業務管理体制の確認検査(一般検査)を随時実施しています。

検査の種類

一般検査

 業務管理体制の届け出内容を確認するために、報告の徴収等や事業者本部への立ち入り検査により実施します。

特別検査

 指定事業所等の指定等取消処分相当事案が発覚した場合に、当該事業所等の本部等へ立ち入り、業務管理体制の整備状況を検証するとともに、当該事案への組織的関与の有無を検証します。



関連資料

届出をされていない事業者の方へ

 業務管理体制に関する必要な届出をされていない事業者の方は、こちら(長寿社会課)へ。



指導を受ける事業所の方へ

 業務管理体制の確認検査(一般検査)を実施する場合は、法人等の代表者あてに、指導日時・指導場所・提出資料等を、監査指導室より事前に通知します。ただし、立入検査を実施する場合は、実効性ある実態把握の観点から、必要と認める場合には、この限りではありません。

お問い合わせ

監査指導室
〒 630-8501奈良市登大路町30
監査二係TEL : 0742-27-7008FAX : 0742-22-5709