現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 福祉医療部
  4. 長寿・福祉人材確保対策課
  5. 認知症介護研修について(介護職員向け)
印刷用ページ表示 印刷する |

認知症介護実践者等養成研修について


  介護実務者及びその指導的立場にある者を対象に、認知症介護の技術の向上を図り、
 認知症介護の専門職員を養成する研修を次の1~7のとおり実施しています。

1 認知症介護実践者研修

 介護保険施設・事業所において、質の高い認知症支援を普及させることを狙いとする、実践的な研修です。

2 認知症介護実践リーダー研修
 
介護保険施設・事業所内のみならず、地域の中でも事業者間の連携の中心となるなど、リーダーシップを発揮し、地域の中で、認知症支援の方策を実践できる人材の育成を狙いとする研修です。

3 認知症対応型サービス事業開設者研修

 認知症対応型サービスのあり方について理解するとともに、地域密着型サービスの実際について体験し、認知症対応型サービス事業の適切な運営のために必要な知識と認知症介護の質の向上に資する力量を獲得することを目的とする研修です。

4 認知症対応型サービス事業管理者研修 
 
認知症対応型サービス事業の管理者に、事業運営に必要な知識技術を習得させることを目的とする研修です。 

5 小規模多機能型サービス等計画作成担当者研修

 小規模多機能型居宅介護事業所の計画作成担当者に、必要な知識・技術を習得させることを目的とした研修です。

6 認知症介護基礎研修

 介護保険施設・事業所で認知症介護に携わる方が、認知症介護の基礎的な知識や技術等を修得することを目的とした研修です。


7 認知症介護指導者養成研修

     認知症介護研修事業の企画・立案・及び講師を行う指導者を養成する研修です。



各研修の対象者等の詳細情報や募集要項については以下(1)~(3)をクリックしてください。
(1)認知症介護 実践者等養成研修・・・(上記1から6に係る研修)
(2)認知症介護 指導者養成研修・・・(上記7に係る研修)

研修修了証の再発行について

 

 奈良県知事名にて認知症介護実践者等養成研修の修了証明書の交付を受けている方は、申請により修了証明書の再交付を受けることができます。

(例)交付を受けてから氏名が変更になった場合
   修了証書あるいは修了証明書を紛失した場合
 
※ 他府県で交付を受けた方の手続きについては
    交付を受けた自治体へお問い合わせください。
  
  

         必要書類等

  ・ 申請用紙    再交付申請書
      ・ 返信用封筒(角形2号)

  ・ 切手430円分(簡易書留で送付します)