喀痰吸引等制度の概要について

  制度の趣旨
   平成24年4月1日から、喀痰吸引及び経管栄養の実施のために必要な知識、技術を習得した介護職員等につい
   て、一定の要件を下に、喀痰吸引及び経管栄養を実施することができるようになりました。
 
   【実施可能な行為】
    1、たんの吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)
    2、経管栄養(胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養)
     ※具体的な行為については厚生労働省令で定めることろによる。

  実施可能な介護職員等
   1、介護福祉士
     平成28年度以降の国家試験合格者に適用(養成課程において実地研修を修了している場合に限る)。
               介護福祉士の国家資格をもって、上記医療的ケアを実施できる。
      ※現在、介護福祉士を持っておられる方は適用にはなりません。平成28年度以降の国家資格合格者が適
                     用になります。

   2、認定特定行為業務従事者
     一定の研修を修了した介護職員等で、県の認定を受けている者(訪問介護員2級等の資格は問わない)


  実施のために必要な手続きについて
   
県及び登録研修機関にて一定の研修を修了した介護福祉士及び介護職員は、認定特定行為業務従事者として、
   認定証の交付を受けることが必要です。
    また、上記の職員が所属する事業所は、特定行為事業者として県の登録を受けた上で、喀痰吸引等の行為を行
   うことができます。

  受講が必要な研修について
   喀痰吸引等の行為を実施するには、介護職員が一定の研修を修了する必要があります。

    icon不特定多数の者対象研修
      特別養護老人ホーム等の施設において、不特定多数の利用者に対して喀痰吸引等の行為を行う場合
    
       →奈良県長寿社会課が実施します。  icon 詳しくはこちらのお知らせをご覧下さい。

    icon特定の者対象研修
      在宅や特別支援学校等において、特定の利用者に対して喀痰吸引等の行為を行う場合

       →奈良県障害福祉課が主催で実施します。  icon 詳しくはこちら  


認定特定行為業務従事者認定証の交付申請について

 喀痰吸引等の業として行う場合は、都道府県知事から認定特定行為業務従事者認定証の交付を受けるための手続きを行い、交付を受ける必要があります。

  登録対象者
   1、特別養護老人ホームにて平成22年4月1日付 「特別養護老人ホームにおけるたんの吸引等の取扱いにつ
               いて」の通知に基づき医療的ケアを実施していた者
     特別養護老人ホームで、いわゆる14時間研修を勤務先で平成23年度までに修了した者又は平成23年度
              中に14時間研修を受け始めた者(一時的に離職している者及び現在喀痰吸引等を実施していない者を含む
              。)

   2、奈良県が行う研修又は登録研修機関の研修の課程を修了した者
    
平成24年度以降に行われた研修を修了した者(平成23年度研修修了者については1の経過措置対象者にな
           ります。)

  申請手続きについて
   上記の1に該当する方(経過措置)の手続はこちら  icon認定特定行為業務従事者認定証(経過措置)交付申請に
ついて
  
   上記の2に該当する方の手続はこちら   icon認定特定行為業務従事者認定証交付申請について



登録特定行為事業者の登録申請について

 自らの事業の一環として、たんの吸引等の業務を行う者は、事業所ごとに都道府県知事に登録を受ける必要があります。

  登録要件
   ・医師、看護職員等の医療関係者との連携の確保
   ・記録の整備その他安全かつ適切に実施するための措置
    ※具体的な要件については厚生労働省令で定めるところによる。

  登録申請手続きについて
   申請手続き、申請様式についてこちら icon登録特定行為事業者登録申請について

  県内に所在する登録特定行為事業者
   県内に所在する登録特定行為事業者の一覧はこちら icon登録特定行為事業者一覧

登録研修機関の登録申請について

 たんの吸引等の研修を行う機関については、都道府県知事の登録が必要です。

  登録の要件
   ・基本研修、実地研修を行うこと
   ・医師・看護師その他の者を講師として研修業務に従事
   ・研修業務を適正・確実に実施するための基準に適合
    ※具体的な要件については厚生労働省令で定めるところによる。

  登録申請手続きについて
   申請手続き、申請様式についてはこちら icon登録研修機関の登録申請について

   奈良県における登録研修機関
   奈良県における登録研修機関(第一号・第二号研修)の一覧はこちら icon登録研修機関一覧


    ※ ご不明の点は、介護事業係にお問い合せ下さい。


認定特定行為従事者認定証又は喀痰吸引等研修修了証明書の原本証明について

 

 奈良県が発行した認定特定行為業務従事者認定証又は喀痰吸引等研修(第一号・第二号研修)修了証明書について、原本証明を希望される方は次の原本証明願に必要事項を記載のうえ、下記提出先まで郵送して下さい。

  必要書類について
   1 原本証明願
   2 認定特定行為業務従事者認定証の写し又は喀痰吸引等研修修了証明書の写し 2部
   3 返信用封筒[原本証明書類送付用](切手貼付)

   〈提出先〉
     
〒630-8501
      奈良市登大路30番地
        長寿社会課 介護事業係
        TEL 0742-27-8532    FAX 0742-27-3075
   

証明願の届出について


 奈良県健康福祉部長寿社会課が実施した研修等の修了証明等を希望される場合は、下記の書類を正副2部作成し、正本に奈良県証紙500円分を貼付のうえ、下記提出先まで郵送して下さい。
 
  必要書類について
   1 証明願(docx 34KB)(正・副)
   2 返信用封筒(切手貼付)

   〈提出先〉
     
〒630-8501
      奈良市登大路30番地
        長寿社会課 介護事業係
        TEL 0742-27-8532    FAX 0742-27-3075

お問い合わせ

長寿社会課
〒 630-8501奈良市登大路町30
総務・生きがいづくり推進係TEL : 0742-27-8524
施設整備係TEL : 0742-27-8534
介護事業係TEL : 0742-27-8532