ドッグランのご利用案内


はじめて来られる方へ
当センターのドッグランを利用するには、事前にセンター窓口にて利用者登録が必要です。
登録の際は、以下の3点が必要となりますので必ずお持ちください。

  1 犬鑑札 ※1
  2 その年度の狂犬病予防注射済票(プレート)※1,※2,※3
  3 混合ワクチン接種証明書(1年以内のもの)

   ※1 犬鑑札および狂犬病予防注射済票は飼い犬への装着が必要です。
   ※2 獣医師が発行した狂犬病予防注射の証明書(紙)のみでは登録できません。
                各市町村より交付された狂犬病予防注射済票をお持ちください。
   ※3 狂犬病予防法施行規則第11条により、生後91日以上の犬の所有者は狂犬病予防
                注射を4月1日から6月30日の間に毎年1回受けさせなければなりません。その
       ため、7月1日以降にその年度の狂犬病予防注射済票の装着を確認できない場合
                は当センターのドッグランをご利用いただけません
のでご注意ください。

   これら3点がそろっていないと、ドッグランのご利用はできません。
   詳しくは、↓↓↓のドッグラン利用規約をごらんください。

 足跡 「ドッグラン利用規約」(pdfファイル) により、ご利用の方法・条件等を定めています。
   楽しく安全にご利用いただくためにも、この規約を必ず守ってください。
 足跡 ドッグラン供用は、動物の愛護と適正飼育の普及に役立てることを目的としています。
 足跡 ご利用の際は、事前にセンター事務室にて申請手続きをしてください。
 足跡 早朝・夜間、年末年始(12月28日~1月4日)、業務使用時等は、ご利用いただけません。

★イベント開催等のため、ドッグランの使用ができない場合があります。
 詳しくは、動物愛護センター(TEL:0745-83-2631)にお問い合わせください。

ドッグラン画像


平成28年3月2日よりドッグランの登録利用方法を変更しました。

主な変更点は、以下の2点となります。
 (1)登録者カードに「年度毎の有効期限」を設定
 (2)ドッグランの入場時に「犬の登録鑑札」、「狂犬病予防注射接種済票」の装着確認を徹底

 ドッグランを利用するには、飼い主は有効期限内の登録カード、犬には「犬の登録鑑札」、「狂犬病予防注射接種済票」の装着が必須となりますので、ご注意ください。

 

 詳細につきましては、こちらのQ&A(pdfファイル)をご確認ください。

犬の飼い主には、犬の登録鑑札と狂犬病予防注射済票を装着することが法律で義務付けられております。しかし、現在奈良県では、年間約200頭もの犬が保護・収容され、その多くはそれらをつけていないために飼い主のもとに帰ることができません。収容される犬たちを減らす取り組みとして、多くの人に法律を知ってもらうため、以下の通りドッグラン登録利用方法を改定しました。