「地域と共にある学校づくり」 集いの広場

集い広場
 学校や市町村が実施した「地域と共にある学校づくり」の研修会や取組等の様子を紹介するホームページです。
 また、「地域と共にある学校づくり」を推進する各市町村や学校のホームページへのリンクも掲載しています。 
 研修会の実施報告や取組の取材、リンク先等を募集し、情報交流をしていきたいと考えています。掲載を希望される市町村教育委員会、学校・園は下記までご連絡ください。

                 人権・地域教育課
  〒 630-8501奈良市登大路町30     
                  地域教育係     TEL : 0742-27-9837      
 

【熟議の場の取組取材】「夢ひらくプロジェクト~トラックがやってくる!~」令和元年9月17日(火曜日)

   9月17日(火曜日)15時30分より、天理市立櫟本小学校運動場及び体育館において、「夢ひらくプロジェクト~トラックがやってくる!~」の取材に行ってきました。

 地域住民と学校の教職員が連携・協働して櫟本小学校の子どもたちを育む、櫟小プロジェクト協議会の4プロジェクトの1つである「夢応援プロジェクト」の取組で、新しい世界へとび立とうとしている子どもたちに、大きな夢をもってもらい、その夢をかなえるために応援するイベントです。
 今回は5・6年生の子どもたちを対象とした運輸会社「川端運輸」との協働した取組です。この会社の社長が地域のコーディネーターの一人と同級生という縁で実現しました。トラックを運動場に入れて、その荷台にみんなで乗ったり、運転席に座って死角(運転手から見えない部分)があることを知ったりするなど、体験的・体感的交通安全教室を行いました。その後、社長と地域コーディネーターの対談を行い、社長が、櫟本小で過ごした小学生時代から人生を語る中で、夢をもち続けて努力することの大切さや働くことのやりがいなどを子どもたちに伝えておられました。
 地域コーディネーターが、「みんな(子ども)が学ぶだけでなく、おっちゃんもプロジェクトをすることによってみんなから学ばせてもらっている。ここに参加している先生方も何かを学んでほしい。」という「共育」の視点の大切さについて語っておられたのが印象的でした。

【熟議の場の取組取材】西中校区交流会「HAPPY フェスティバル!!」令和元年9月14日(土曜日)

  9月14日(土曜日)9時30分より香芝西中学校体育館において、「西中校区交流会『Happy フェスティバル!!』~みんなでつながれコミュニティの輪~」が行われました。

  市内全幼稚園で実施されていた交流会の中止という課題をもとに始まった取組です。
 香芝西中学校区の園児の触れ合い遊びを中心として、中学生やその保護者、地域住民のつながりをつくり、地域の中で育つ子どもの育成を目指し行われました。
 二上幼稚園、関屋幼稚園の園児 (5~3歳児)、保護者、香芝西中学生、校区コミュニティ関係者などたくさんの方々が集まり、体操、玉入れ、綱引き、大型風船遊びなど、簡単な準備で、子どもたちも保護者も地域住民も楽しめる内容で進められました。
  当日の準備や片付けは、香芝西中の生徒たちが、幼稚園の先生と協働して行ったことで、中学生のかっこよさや優しさが幼稚園の子どもたちに伝わり、身近な憧れをつくる取組になっていました。
  「このようなボランティアは初めてですが、幼稚園の子どもたちの喜ぶ顔が見ることができてうれしいです。(中学生)」、「地域の力でこのような子どものためのイベントをすることができて、本当にありがたいです。(幼稚園)」という感想がありました。

【「ならの教育応援隊」出前授業の取材】令和元年9月12日(木曜日)

  9月12日(木曜日)13時30分より生駒市立あすか野小学校において、「ならの教育応援隊」(※)である独立行政法人国際協力機構関西センター(JICA関西)によるJICA海外協力隊の方の体験談を聞く出前授業が行われました。

 総合的な学習の時間の一環として、海外でのボランティア活動の体験談を聞くことで、開発途上国が抱える課題や国際協力についての理解を深めることをねらいとして実施されました。

 元青年海外協力隊員の福谷さんが、2年間のボランティア体験談やエクアドルの「生活」や「文化」について話しました。その中で、「日本とエクアドルでは何が違うと思う?」という問い掛けに、子どもたちは口々に、隣の子と思いを共有するかのように、にぎやかに自分の考えを声にしていました。

 まとめで、福谷さんは「私は普段、ダンスをやっている。言葉の通じない国でもダンスを通して友達が作れる。みんなにも、楽しいこと、素敵なことを、世界中の人と共有してほしい。」と話されました。その思いに触れ、最後まで熱心に話を聞いている子どもたちの姿が印象的でした。

(※)「ならの教育応援隊」とは、学校・園の教育活動の一層の充実のために、子どもたちに出前授業や見学等を提供する団体や企業のことです。

【熟議の場の取材】井戸堂小学校 令和元年8月28日(水曜日)

 8月28日(水曜日)13時00分より天理市立井戸堂小学校において、今年度2回目の地域コーディネーター会議の取材に行ってきました。

 元PTA会長、地区長、民生委員、図書ボランティア代表等、日頃から小学校に様々な関わりをもっていただいている方が地域コーディネーターとして出席されています。

 会長が皆さんの意見を丁寧に聞きながら、効率よく進めようとする雰囲気が伝わってくる会議でした。

 まず、委員の中で研修会などに参加した人から、コミュニティ・スクールの導入についての説明の内容や、他の地域の取組について紹介があったことなどが報告され、地域と学校の協働のあり方について刺激を受けたという感想を述べられました。また、地域の若い保護者と古くから住んでいる住民が集える場所が学校のそばにあればいい、そのような話も地域で出ているという情報も寄せられたところもあり、これからの地域づくりに生かしたいという意欲が湧いてくる会議となりました。

 委員の中で印刷業を営んでおられる方に、ボランティアだより、PTA新聞などの作成に大変協力いただいているため、読みやすく質の高い情報誌が配付されていると校長先生がうれしそうに話してくださいました。地域の方が学校に向けるまなざしの温かさを感じ、これからの活動が楽しみになりました。

【熟議の場の取材】御所市立大正中学校 第3回「学び力」育成委員会(学校運営協議会)令和元年7月16日(火曜日)

  7月16日(火曜日)15時00分より御所市立大正中学校において、第3回「学び力」育成委員会(学校運営協議会)が行われました。
 学校と地域との熟議を通して、生徒たちの「学び」を中心に据えることを確認し、その取組を進めるために、校長、教頭、地域連携担当教員と、地域、保護者、社会教育関係者、学識経験者などが参加しての学校運営協議会が設置されました。
 今回は、1学期の取組についての報告を受けて、委員一人一人が感じた、「学び」に対する生徒たちの変容を出し合いながら、取組の成果や今後のすすめ方について活発に議論されていました。
 学校と地域との共通の目標である「学び」に対して、学校・地域・保護者が、それぞれの立場でできること、やらなくてはいけないことを、自分事として考え、議論している様子が印象的でした。

【熟議の場の取材】第2回香芝西中学校区コミュニティ・スクール学校運営協議会 令和元年7月23日(火曜日) 

第2回香芝西中学校区コミュニティ・スクール学校運営協議会の取材に行ってきました。
 
 7月23日(火曜日)15時30分より香芝市立香芝西中学校において、第2回香芝西中学校区コミュニティ・スクール学校運営協議会が行われました。   

 香芝西中、二上小、関屋小に設置されている学校運営協議会の代表者による、中学校区の学校運営協議会で、幼稚園、小学校、中学校、地域住民、保護者が連携・協働して、香芝西中校区の子どもたちの育ちを共に考え合う場となっています。    

 今回は、それぞれの学校で進めている取組やそれに関わる子どもたちの姿を交流することで、自校の取組の困り感を補ったり、新たな視点をもったりできるよう、熟議が行われました。

 中学校区全体の地域コーディネーターは、この場が中心となって学校間の隔たりがなくボランティアを派遣し、1人ひとりの強みを活かしながら、楽しんで学校や子どもたちに関わっていけるようにしていきたいと語られました。

【熟議の場の取材】2019年度やまびこネットワーク総会(生駒市壱分小学校区)令和元年5月26日(日曜日)

  2019年度やまびこネットワーク総会(生駒市壱分小学校区)の取材に行ってきました。


 5月26日(日曜日)10時より「かざぐるま」において、「2019年度やまびこネットワーク総会」が行われました。 
 PTA、自治会、老人クラブ、いこま福祉会かざぐるま、消防団、子ども会等16団体の関係者が集まり、壱分小学校区のまちづくりについて議論されました。構成メンバーが、子どもに関わる団体が多いため、活動内容は学校や子どもに関わることが中心となっています。子どもの姿を中心に事業報告がされ、そこから見えてきた課題に対する新しい方策について話し合われました。参加者からは主体性のある意見が出され、「地域の子どもたちの幸せを第一に考える地域の大人たちの願いと思い」が素直に表れた話し合いが展開されていました。
 代表が、「元気な大人の姿を見て子どもたちを成長させようと始まった取組が、今では子どもの姿を見て大人が成長する取組になり、地域のつながりが広がってきている。」と語られていたのが印象的でした。

【取材記事】 奈良県立五條高等学校「わたいとつむぎ2019」 平成31年3月10日(日曜日)