「なら四季彩の庭」エリア拡大について

「奈良県を『一つの庭』と見立てた、四季折々の彩りを楽しむ庭づくり」を理念とした「奈良県植栽計画」(「なら四季彩の庭」づくり)に基づき、県や市町村、地元団体・住民など、多くの主体との協働により、植栽を通じた魅力ある庭づくりの取り組みを進めています。
このたび、3つの新規エリアの追加及び2つの既存エリアの拡大を行いました。

○新たに追加するエリア(3エリア)
  三郷、上牧、御杖・三峰山周辺

○事業箇所の範囲を拡大する既存エリア(2エリア)
  佐保路、中和幹線

   報道資料はこちら
 景観形成団体ボランティア募集 奈良県景観資産の紹介