山ありダニあり

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に係る注意喚起について

 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について、今般、発熱・衰弱等に加え血小板減少等の所見が見られた飼育ネコ及び飼育イヌの血液・糞便からSFTS ウイルスが検出された事例並びに体調不良のネコからの咬傷歴があるヒトがSFTS を発症し死亡した事例が確認されました。

 これらの事例は、稀な事例ではありますが、発症したネコやイヌの体液等からヒトが感染することも否定できないことから、SFTS を含めた動物由来感染症の感染を防ぐために、体調不良の動物等と接する機会のある関係者の方々は、体調不良の動物等を取り扱う際にはPPE (手袋・防護衣等)により感染予防措置を講じるなどの対策を実施していただくようお願いします。


 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に係る注意喚起について
(平成29 年7月24 日付け厚生労働省健康局結核感染症課長通知)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000172201.pdf


 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169522.html


 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A(第4版)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html
最新週報(pdf版)は「感染症情報センター週報」ページからダウンロードできます。

最新の奈良県感染症情報(感染症情報センター)

 詳しくは週報をご覧下さい

❖定点把握感染症報告状況(定点当たりの患者報告数の上位5疾患)❖
◆平成30年 第27週◆

順位 疾患名 奈良県
定点当たり (前週)
1 感染性胃腸炎 4.32 (5.21)
2 A群溶連菌咽頭炎 2.03 (2.71)
3 ヘルパンギーナ 1.74 (1.26)
4 手足口病 0.82 (0.91)
5 突発性発しん 0.53 (0.59)

発生状況

:

大流行

流行

やや流行

少し流行

散発

(疾患毎に、基準値を定めています。)

❖県内概況❖

ヘルパンギーナの報告数が増加しています。特に中和保健所管内東部地域で増えており、3歳以下で7割以上を占めています。ヘルパンギーナは、2~4 日の潜伏期の後、突然の高熱と咽頭痛を生じます。口腔内の水疱がひどく、破れると強く痛むため、食事や水分をとることも困難になり脱水症状を引き起こすこともあります。予防法は、感染者との密接な接触を避けることや手指の消毒、うがいを行うことなどです。また、便中へのウイルス排泄は、発症から2~4週間後頃まで、続くとされています。おむつの交換後の手洗いは忘れずに行いましょう。

警報・注意報等について

  

お問い合わせ

奈良県感染症情報センター  (奈良県保健研究センター内)

〒633-0062 桜井市粟殿1000
電話番号 0744-47-3183