インフルエンザの流行が始まっています
定点当たり報告数が「1」を超え、インフルエンザの流行が始まっているとみられます。
今後の流行状況に注意してください。

 予防には 1)流行前のワクチン接種 2)飛沫感染対策としての咳エチケット 3)外出後の手洗い等 4)適度な湿度の保持 5)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取 6)人混みや繁華街への外出を控えるを心がけてください。

風疹(ふうしん)について

風疹の報告が増えています。 奈良県で実施している抗体検査(無料)をご検討ください。

平成30年度奈良県風しん抗体検査事業について (県庁疾病対策課)

《対象》

●妊娠を希望する女性

●妊娠を希望する女性のパートナー

●風しん抗体価が低い妊婦のパートナー

※奈良市内に住民登録されている方は、奈良市保健所にご連絡ください。

,

風しんの届出について

 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)の一部改正及び風しんに関する特定感染症予防指針が改正され、風しんの届出に関して変更がありました。
 平成30年1月1日から適用されています。

 風しんと診断した医師は、直ちに 患者の氏名、住所等を届出していただくことになりました。
(従前は7日以内でしたが、本改正から直ちに届出が必要となります。)

 届出基準の「(2)臨床的特徴」及び「(4) 届出のために必要な要件」の表現が一部変更されています。

 風しんに関する特定感染症予防指針の改正により、全例に遺伝子検査が必要となりましたので、臨床診断をした時点でまず臨床診断例として届出を行うとともに、血清IgM抗体検査等の血清抗体価の測定の実施と、地方衛生研究所でのウイルス遺伝子検査等の実施のための検体の提出をお願いします。
*遺伝子検査等の実施のための検体:咽頭ぬぐい液、血液(抗凝固剤入り)、尿の3点

 臨床症状とこれらの検査結果を総合的に勘案した結果、風しんと判断された場合は、風しん(検査診断例)への届出の変更を求めることとし、風しんでないと診断された場合は、届出を取り下げることを求めることとされています。


◆厚生労働省 届出基準 《風しん》
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-14-02.html


◆風しんに関する特定感染症予防指針(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000186690.pdf


◆感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12 条第1項及び第14 条第2項に基づく届出の基準等について(一部改正)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000189984.pdf


◆感染症法における感染症の分類(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000190206.pdf




《参考》
・直ちに届出が必要
 1類感染症~4類感染症の全て
 5類感染症のうち、侵襲性髄膜炎菌感染症、麻しん、風しん

・7日以内に届出が必要
 5類感染症のうち、上記3疾患を除く、全数把握対象疾患

・次の月曜
 インフルエンザ
 小児科定点医療機関対象疾患
 眼科定点医療機関対象疾患
 基幹定点医療機関対象疾患のうち、感染性胃腸炎(ロタウイルス)、クラミジア肺炎、細菌性髄膜炎、マイコプラズマ肺炎、無菌性髄膜炎


・翌月初日
 性感染症定点医療機関
 基幹定点医療機関対象疾患のうち、ペニシリン耐性肺炎球菌感染症 、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症、薬剤耐性緑膿菌感染症

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/kekkaku-kansenshou11/01.html


最新週報(pdf版)は「感染症情報センター週報」ページからダウンロードできます。

最新の奈良県感染症情報(感染症情報センター)

 詳しくは週報をご覧下さい

❖定点把握感染症報告状況(定点当たりの患者報告数の上位5疾患)❖

◆平成30年 第49週◆

順位 疾患名 奈良県
定点当たり (前週)
1 感染性胃腸炎 6.35 (5.62)
2 A群溶連菌咽頭炎 2.15 (1.82)
3 インフルエンザ 1.09 (1.78)
4 手足口病 0.71 (1.00)
5 RSウイルス感染症 0.59 (0.41)

 

発生状況

:

大流行

 

流行

 

やや流行

 

少し流行

 

散発

(疾患毎に、基準値を定めています。)

 

❖県内概況❖

 感染性胃腸炎の報告数が増加しています。ノロウイルスに感染すると、症状回復後も便中にはウイルスが排泄されています。トイレの後、調理前、おむつ交換後などこまめに手洗いを行いましょう。また高齢者が感染すると、嘔吐物が喉につまり、窒息してしまう事例も起きているため、特に注意が必要です。

 インフルエンザの報告数は、今後増加してくることが予想されます。咳やくしゃみが出る場合は、咳エチケットを行い、学校や職場へ無理をして行くことは避け、医療機関を受診して下さい。 

警報・注意報等について

  

インフルエンザ速報値(第49週)

  インフルエンザ速報値    

 学級閉鎖等施設数については、厚生労働省ホームページ《インフルエンザに関する報道発表資料》をご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou01/houdou.html 

2017/2018年のインフルエンザ

2017年から2018年のインフルエンザ
  

お問い合わせ

奈良県感染症情報センター  (奈良県保健研究センター内)

〒633-0062 桜井市粟殿1000
電話番号 0744-47-3183