山ありダニあり

子ども予防接種週間(3月1日~7日)

平成30年3月1日(木曜日)から3月7日(水曜日)までの7日間は「子ども予防接種週間」です。
4月からの入園・入学に備えて、必要な予防接種をすませ、病気を未然に防ぎましょう。

 県内協力医療機関一覧(日本医師会)
 http://dl.med.or.jp/dl-med/vaccine/list/v29list29.pdf


子ども予防接種週間

 「子ども予防接種週間」(日本医師会)

 平成29年度「子ども予防接種週間」の実施について(厚生労働省)

最新週報(pdf版)は「感染症情報センター週報」ページからダウンロードできます。

最新の奈良県感染症情報(感染症情報センター)

 詳しくは週報をご覧下さい

❖定点把握感染症報告状況(定点当たりの患者報告数の上位5疾患)❖
平成30年 第37週

順位 疾患名 奈良県
定点当たり (前週)
1 RSウイルス感染症 4.85 (3.91)
2 感染性胃腸炎 3.53 (3.06)
3 手足口病 1.26 (1.35)
4 A群溶連菌咽頭炎 0.88 (0.79)
5 突発性発しん 0.59 (0.59)

発生状況

:

大流行

流行

やや流行

少し流行

散発

(疾患毎に、基準値を定めています。)

❖県内概況❖

RSウイルス感染症が更に増加しています。中和保健所西部地域(旧葛城保健所管内)が特に多く、その他内吉野保健所を除く全ての地域で増加が続いています。RSウイルスは、すべての年齢層で上気道炎や下気道炎を引き起こします。健康な成人は、風邪程度の症状で自然軽快しますが、乳児や高齢者では肺炎などの下気道炎を引き起こし、特に慢性呼吸器・心疾患を合併する高齢者では入院・死亡の主要な原因になるとされます。ワクチンや抗ウイルス薬はありません。鼻水や咳程度の風邪のような症状がある人は、乳児や高齢者に近づかないように、またマスク・手洗いの感染予防対策を徹底するようにしてください。RSウイルスには、アルコールや塩素系の消毒剤が有効です。
 感染性胃腸炎も、中和保健所西部地域からの報告が多くなっています。こまめな手洗いを心がけましょう。

  

警報・注意報等について

  

お問い合わせ

奈良県感染症情報センター  (奈良県保健研究センター内)

〒633-0062 桜井市粟殿1000
電話番号 0744-47-3183