子ども予防接種週間(3月1日~7日)

平成30年3月1日(木曜日)から3月7日(水曜日)までの7日間は「子ども予防接種週間」です。
4月からの入園・入学に備えて、必要な予防接種をすませ、病気を未然に防ぎましょう。

 県内協力医療機関一覧(日本医師会)
 http://dl.med.or.jp/dl-med/vaccine/list/v29list29.pdf


子ども予防接種週間

 「子ども予防接種週間」(日本医師会)

 平成29年度「子ども予防接種週間」の実施について(厚生労働省)

最新週報(pdf版)は「感染症情報センター週報」ページからダウンロードできます。

最新の奈良県感染症情報(感染症情報センター)

 詳しくは週報をご覧下さい

❖定点把握感染症報告状況(定点当たりの患者報告数の上位5疾患)❖

◆平成31年 第10週◆

順位 疾患名 奈良県
定点当たり (前週)
1 感染性胃腸炎 6.29 (6.50)
2 インフルエンザ 2.76 (4.56)
3 A群溶連菌咽頭炎 2.41 (1.47)
4 RSウイルス感染症 0.91 (1.15)
5 咽頭結膜熱 0.56 (0.56)

発生状況

:

大流行

 

流行

 

やや流行

 

少し流行

 

散発

(疾患毎に、基準値を定めています。) 

❖県内概況❖

 インフルエンザの報告数は第9週より減少していますが、定点あたり報告数が1.0を下回るまでは注意が必要です。引き続き、うがい・手洗いや咳エチケットなど予防対策に努めてください。
 A群溶連菌咽頭炎は報告数が増加しており、特に中和保健所管内西部地域では定点あたり報告数が7.67と高い値になっています。治療には抗生物質が有効ですので、突然の発熱・咽頭痛があった時は早めに医療機関を受診しましょう。
 感染性胃腸炎の報告数は横ばいですが、報告数が多い状態が続いています。春先にはロタウイルスによる感染性胃腸炎が増加します。子どもから親へ感染することもあるため、おむつの交換後は必ず流水と石けんによる手洗いを行いましょう。

警報・注意報等について

  

インフルエンザ速報値(第8週)

インフルエンザ速報値グラフ

 学級閉鎖等施設数については、厚生労働省ホームページ《インフルエンザに関する報道発表資料》をご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou01/houdou.html 

  

お問い合わせ

奈良県感染症情報センター  (奈良県保健研究センター内)

〒633-0062 桜井市粟殿1000
電話番号 0744-47-3183